旅行記

飛騨高山ドライブ旅行

各地で大雨の被害が大きい中、若干後ろめたく思いつつ日帰り小旅行です。鉄道はまだ大雨の影響も残ってそうなので、車で比較的近い高山市に向かいます。

東海北陸自動車道は富山県から高山最寄りの飛騨清見ICまでは普通に通行出来ますが、その先は通行止めになっています。途中、高速から見える川やダムで濁流で溢れそうな箇所が幾つか見受けられました。

 

2時間弱で到着。上三之町を散策しますが、かなり観光客が少ないです。高山本線は運行見合わせ、高速道路も名古屋方面からは通行止ですから当然かもしれません。その分のんびり散策出来ます。

 

春・夏・冬で秋が無い→あきない→商い。

 

 

 

 

お昼はもちろん飛騨牛を頂きます。

 

続く→

 


金澤グルメ

マレ・ドール ディネ エテ

慌ただしく忙しい日々が続いてたのですが、1週間程中休み。今日はゆっくりして夜はディナーに出掛けました。

 

 

金沢東急ホテルマレ・ドールさんです。

 

7月からのディナーコース「ディネ エテ」を頂きました。

 

車なのでノンアル。

 

 

夏らしい爽やかな魚介の前菜。甘海老の殻を使ったジュレが美味しい。

 

 

写真では判り難いですが、沢蟹のフリッター付き。沢蟹って最近ではちょっと珍しい。

 

 

デザートも夏らしい一皿です。

 

 

 


金澤グルメ

これはラーメンなのかアイスなのか!?

味も衝撃的だが価格も衝撃的!

 

8番ラーメンは石川県民のソウルフードと云われていますが、私は不得手で殆どお店に行く事はありません。稀に訪れても頂くのはざるラーメンか酸辣湯麵に限られます。しかし、8番ラーメンのアイスが販売されたと聞いて怖いもの見たさと云うか話の種(ブログネタ)にと云うか、お取り寄せをしてみました。

 

アイスは塩・味噌・醤油の3種類。販売は8番ですが製造はマルガジェラートです。

 

 

 

 

 

最も味の想像がつかない味噌を頂いてみました。・・・味噌ラーメンっぽい味がしますが、8番の味噌ってこんな味だったっけ?もう30年以上食べてないので味の記憶が無いのです。ははは・・。

イメージとして不味そうですが、頂いてみるとこれが想像と違って意外に美味しい!・・・・なんてオチはありません。想像の通りにアイスとしては美味しくないです。喉の奥になんだかモヤモヤした嫌な感じが残ります。

お味も驚きでしたがお値段も衝撃的です。お取り寄せだと3個セット・クール便送料込みで2160円。徳光PAなどでは店頭販売されてるようですが本体のみでも1個400円です。ハーゲンダッツの倍程ですね。容量はダッツより少ない90ml。400円あればスガキヤラーメン食べてお釣りが来ますよ。

あまりお薦めは出来ませんが、8番好きな方は試してみても悪くはないかも・・。

 


鉄道

ろくもんの車窓から(2018初夏長野旅行⑪)

→前回からの続き

ろくもんが軽井沢駅を発車します。

 

 

スタッフの皆さんが手を振ってお見送り。

 

浅間山には雲がかかってます。

 

途中、幾つかの駅に停車します。停車時間の長い駅ではホームに降りて記念撮影などが出来ます。特産品の販売がある駅もあります。

 

 

 

途中駅でもスタッフの方が手を振ってお見送り。

 

乗車記念に頂けるハンカチ。この他にお味噌も貰えます。

 

 

田中駅は海野宿が近い。

 

 

この旅行の2〜3日前に沢口靖子さん主演の鉄道サスペンスドラマの再放送を観たのですが、それがろくもんが登場するストーリーでした。そのロケで使われてた席がどうも私達の席みたいなのでアテンダントさんに尋ねたら、やはりそうでした。犯人も座ってた席です。

 

車窓から上田城を見学。

 

ろくもんの予約は電話かネットで出来ます。ネット予約だとシートマップから座席の指定が出来ます。軽井沢発の1号だと進行方向右側がお勧め。浅間山・上田城などが見えます。予約しカード等で支払いを済ませると、乗車日の数日前にチケット等が送られて来ます。まだ夏休み期間中の空席も充分あるみたいですよ。

 

しなの鉄道「ろくもん」のWEBサイト

 

続く→


鉄道

「A列車で行こう9」の新しいバージョンが出るそうです

鉄道シュミレーションゲームの「A列車で行こう9」の新バージョンが8月31日に発売されるそうです。

2010年の発売以来、Version2.0 プロフェッショナル、Version3.0 プレミアム 、Version4.0 マスターズ とバージョンアップされて来ましたが次はVersion5.0 ファイナルエディションとなります。

 

次のバージョンでは新機能が追加される他、追加収録される車両にIRいしかわ鉄道及びあいの風とやま鉄道の521系、北陸鉄道8000系が含まれます。また追加建物にある「能楽門」とは鼓門のようです。

 

「A列車で行こう9」公式サイト

 

Version4.0のスクリーンショットを何枚かアップしておきます。

 

 

 

 

 

江ノ電300形も新たに収録されるので新バージョンではこのシーンも江ノ電で再現できますね。

 

                       

金澤街歩き

あの光景がもう見られなくなるかもしれない

例によって早朝のひがし茶屋街を撮っていました。

 

 

この辺りは何度も撮ってるので自分なりの撮影ポイントは略決まっています。

 

 

 

そんな撮影ポイントの一つで建物の工事が始まっていました。

 

この場所にはこの様な駄菓子屋風の看板がありました。お店自体はもう営業していないようでしたが、路地と看板がノスタルジックな雰囲気を醸し出していてお気に入りの撮影ポイントの一つでした。リノベーションされてカフェか何かになるのでしょうか・・。もう見る事も撮る事も出来ないならもっと沢山撮っておけばよかった。

 

この突き当りにも3年前まで古い看板がありました。

 

「コールドパーマ」と書かれた昭和チックな看板が不思議と街並みに溶け込んでいましたが、看板は撤去され建物は綺麗にリノベーションされて今はカフェか何かになっています。この看板が無くなる事は当時地元のニュースでも取り上げられました。

 

古い建物がリノベーションされ街が綺麗になっていくのは良い事ですが、よそ行き顔の観光地化して生活臭が薄れて行くのは寂しい気がします。

 


グルメ

ろくもんのお食事(2018初夏長野旅行⑩)

→前回からの続き

軽井沢発長野行「ろくもん1号」の車内で提供されるお食事です。

 

テーブルにはお水が用意されていましたが、他にワンドリンク付き。地ビール・ワイン・日本酒・シードル・ソフトドリンクから選べます。

 

 

 

 

ここまでのお料理は軽井沢の沢屋「こどう」。

途中の駅でシェフが交代しお料理が積み込まれます。

 

メインとデザートは東御市のアトリエ・ド・フロマージュが担当。

この器は2セット並べて置くと丸が6個で真田の家紋「六文銭」になるそうです。

 

コーヒーはミカドコーヒーです。

 

長野発のろくもん2号では和食が提供されます。

 

 

続く→