鉄道

時が止まった静寂の廃線跡_熊の平_アプトの道2018紅葉編③

→前回からの続き

熊の平は廃線当時の軌道や架線などの鉄道施設が略そのまま残されていて、今にもEF63に押し上げられて489系特急白山が走って来そうです。

 

 

 

軽井沢では紅葉のピークは過ぎていましたが、この辺りまで下って来るとまだまだ紅葉が楽しめます。(11月上旬)

 

 

遊歩道の「アプトの道」でもめがね橋付近は観光客が多いですが、熊の平まで来る人は少なく静寂とどこか凛とした空気に包まれています。私はこの場所の雰囲気が好きでいつも長めの時間滞在します。

 

 

 

 

 

 

続く→

 

 


鉄道

アプトの道2018紅葉編②

→前回からの続き

 

軽井沢に到着。はくたかが走り去ります。

 

 

駅の周囲は濃い霧に包まれて何も見えません。

 

駅前からタクシーで熊ノ平に向かいます。タクシーの運転手さん曰く「さっき旧軽の方へ行ったら晴れてたから、こっちも霧が晴れてくればいいお天気だよ」と。旧国道18号を下っていくと本当に晴れて青空が見えてきました。

 

熊ノ平に到着。

 

峠の頂上からここまで100ヶ所以上のカーブがあります。

 

 

ここからスタートです。

 

 

 

続く→

 


鉄道

アプトの道2018紅葉編①

自坊の報恩講も終わり忙しさも一段落。となればカメラ持って出掛けましょう。鉄道利用で金沢駅に来たのは4ヶ月振り、新幹線は5ヶ月振りです。

 

 

旧都ホテルの解体は終わった様です。スッキリし過ぎで寂しいですね。跡地には近鉄グループが新ホテルを建設するそうですが詳細は未発表です。

 

 

はくたかで軽井沢に向かいます。

 

 

 

車内販売でお握り弁当を買ったら何だかカワイイ巾着に入ってました。期間限定なのだそう。

 

どうやら新品種「ひゃくまん穀」のキャンペーンみたいですね。

 

トレーも派手です。ひゃくまん穀のお握りはモチモチしてます。

 

約2時間で軽井沢に到着。雨は降ってない様ですが、濃い霧に包まれてます。お天気大丈夫かな・・。

 

続く→