金澤街歩き

香林坊 夜明け前

夏至は過ぎましたが、この日の金沢の日の出時間は4時36分でした。

 

まだ営業中の飲み屋さんもあるようで、賑やかな声が聞こえます。

 

 

この辺りで若い時に働いていた事があるので思い出深い場所です。しかし、周囲は大きく変わっていて変わらないのはミスドと日銀位です。日銀も5年後に移転ですからまた街は大きく変わるのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 


金澤街歩き

金沢の初夏を彩る風物詩「加賀友禅灯籠流し」(続)

→続き

 

金沢の初夏を彩る風物詩「加賀友禅灯籠流し」の続き。

 

 

整理券に書かれた時間が近づいたのでSさんのご主人・娘さんと合流し本部テント前に行ったのですが、6時半頃でもかなりの人だったのにこの時間にはもう立錐の余地もありません。娘さんが灯籠を流す所を撮りたかったのですがちょっと厳しい感じで、再び別行動。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主計町の茶屋街を背景に灯籠が流れる様を撮りたいと浅野川大橋の下流側に行ったのですが。1基の灯籠も流れてきません。諦めて、小さい子も一緒なので早めに帰る相談をしてると、8時半頃になって上流側で溜まってた灯籠が流れ出したみたいなので帰る前にちょっとだけ見てこようと下流側に渡って例の火事騒ぎに会いました。

 

 

 

 

 

ニュースに依ると600基程の灯籠が焼失したそうです。総数が1200基なので約半数になります。灯籠に描かれた絵は色々な方々がそれぞれの思いを込めて描いたものです。600人分の思いが燃えてしまってとても残念な事だと思います。

来年はどうなるのでしょうか?この風情ある素敵なイベントが来年も開催されることを願います。