金澤グルメ

片町 宇宙軒食堂

片町にある宇宙軒食堂に行きました。

 

20代の頃は時々行ってましたが、最近では10年程前振りです。

 

 

ここはトンバラが有名ですが、私はすき焼き定食を頂く事が多いです。今回も。

 

 

さば味噌単品追加です。

 

昔はこの通りにも妖しいお店がありましたけど、現在は随分と健全なようですね。

 


金澤グルメ

天ぷら「小泉」☆・続

→前回からの続き

 

再び海老ですが、今度のはミソを残してあります。

 

そら豆と白魚です。衣は限りなく薄く軽く、油も感じない程軽いです。揚げ油は透明で見た目は水の様。店主さんはひっきりなしに油の汚れを取っていて、それでも途中で油を取り替えます。

 

レアに揚がった帆立。

 

山ウド。

 

能登115と海老の頭。海老はサクサクです。

 

牡蠣。

 

筍と白子。白子は海苔に包まれています。

 

追加で揚げて頂いた蛍烏賊。ジューシーです。

 

ご飯は、天丼・天茶・天バラから選べます。

 

天バラにしました。天バラとはかき揚げをばらしてご飯にまぶしたもの。

 

デザートが驚き、逆転の発想とでもいいますか・・。苺に粉砂糖をかけたものに見えますが、全くその通り。しかし、苺の甘さを補う為にお砂糖をかけたのではなく、お砂糖を食べる為に苺を添えたのだそう。お砂糖は和三盆。やさしい甘さで、茶席などに使う干菓子みたいなお味です。干菓子も和三盆が使われてますからね。成程、お砂糖だけでも十分に美味しい。苺の酸味と相まってやさしい甘さが引き立ちます。更に和三盆に依って苺の味も引き立ちウィンウィンの関係。苺の食べ方としても秀逸です。シンプルなのに奥深いデザートでした。本当は最後にお皿を舐めたい程でしたが、人目があるので流石にそれは止めました。

 

自慢するわけでも格好つける訳でもないのですが、「小泉」さんの天婦羅を頂いた後は暫く他の天婦羅が重く感じて食べる気がしません。それ程素晴らしい天婦羅です。コース9000円〜とお安くはないですが一度お試しあれ。

 


金澤グルメ

天ぷら「小泉」☆

約1年振りに天婦羅の名店「小泉」さんへ。ミシュラン星獲得店です。こちらの天婦羅は別格。おそらく金沢一、否、石川県一だと思います。

 

 

お店があるのは片町の裏通り池田町。ちょっと判り難い場所です。

 

 

店内はカウンター9席。満席でした。

 

蛤と菜の花。

 

お造りです。

 

鯛とガス海老。

 

海苔の天婦羅の上に生雲丹。向こうのは白海老にキャビアのトッピング。

 

最初の海老。「よかったら何もつけずに召し上がってみてください」と店主さん。全品、食べ方は推奨であって強制ではありません。去年訪れた時は店主さんが少々怖い雰囲気で、店内に張り詰めた緊張感が漂ってましたが、今日は随分と穏やかな感じです。あの緊張感、ちょっと楽しくもあったのですが・・。

 

箸休めのお野菜。トマト・えんどう豆・らっきょう。特にらっきょうが美味しい。

 

このお塩も良いです。やさしく円やかな味で、お塩だけ舐めても美味しい。何処でも天婦羅屋さんでは「お塩で召し上がって」が多いのですが、少量しかつけなくても塩味をきつく感じてあまり好きではないのです。でも、このお塩なら大丈夫。

 

続く→