金澤グルメ

菜喰 安心院(さいじき あじむ)・続

→前回からの続き

 

 

鮎の塩焼き。小さ目なので頭からバリバリと頂きます。

 

下はお茄子ですね。海鮮が乗っかってます。

 

再度アユ登場。今度は唐揚げでさっきより小さ目。

 

タテ貝(タイラ貝)。かなり大きな貝です。雲丹みたいに見えるのは肝。

 

 

確かなんとかと云う芋だと言われたと思います。

 

スイートコーンのかき揚げとフルーツトマト。どちらも甘い。

 

 

土鍋炊きのご飯があって、最後はデザートでした。

 


金澤グルメ

菜喰 安心院(さいじき あじむ)

別院前の安心院さんで食事です。

 

 

金沢東別院の山門。

 

その真向かいにある蔵が・・。

 

安心院さんです。

 

前菜から。

 

蓋つきの器はミニ生しらす丼でした。美川の生しらすです。美川のしらすは湘南のと比べると大き目でワタの味が濃いですね。ほろ苦くて大人の味。

 

店主さんが店内で鰹の藁焼きを始めました。換気扇が追い付かなくなって、一時店内が真っ白になりました。

 

店主さん渾身の藁焼きの鰹タタキ、香ばしくて美味しいです。

 

 

椀物は甘鯛。

 

続く→

 


旅行記

水上バスからお花見_東京1泊旅行⑦

→前回からの続き

 

 

ホテルで朝食を頂いてから出掛けますが、急用が入り予定の新幹線よりも何本か早い電車で帰らなければならなくなりました。なのであまりゆっくりも出来ません。

 

日の出ふ頭に移動。この日は東京の桜はギリギリ残っていたので、水上バスから隅田川の桜をお花見してから帰ろうと思います。

 

 

 

去年乗ったシンフォニークルーズの乗り場はお隣です。

 

レインボーブリッジが見えます。

 

 

東京タワーも見えます。

 

勝鬨橋をくぐります。

 

続く→

 


鉄道

旧熊ノ平駅_アプトの道2019新緑編④

→前回からの続き

 

旧熊ノ平駅からアプトの道を進みます。

 

 

 

軽井沢方向のトンネル。通常は閉鎖されていますが、軽井沢からこれらのトンネルを通って来て、ここからはアプトの道を行く廃線ウォーキングツアーも開催されているようで、かなり盛況らしいです。廃線歩きは密かに人気なのかもしれません。

 

ツアーでは向かって左の新線下り線を歩くそうです。下り線は旧線を改修し利用しているので、中尾川橋梁など旧線の遺構も見学出来そうで興味はあるのですが、11丗海下り勾配はかなり足に堪えます。私には無理かな。

 

 

 

 

 

廃墟は変電所跡。

 

続く→

 


金澤 標柱のある風景

旧殿町

NHK金沢旧放送会館の近くです。

 

 

 

由来説明文「もとは十間町の地内にあり、藩政期には、その中の武家地を殿町と呼んだことからこの名がついた。」(金沢市HPより)

 

 

 

設置場所住所 大手町13−10先

金澤グルメ

寿司さ々木・続

→前回からの続き

 

 

白子焼き。熱々です。

 

表面はもっちり、中はクリーミー。

 

 

蓮蒸し。

 

のどぐろの蒸鮨が出て、次はハタハタの焼き鮨。これは珍しい。

 

煮凝り、美味しいです。

 

握り5貫。

 

蛤のお吸い物。

 

うなきゅうの巻物で〆。後はデザートの果物で終わりです。

 


金澤グルメ

寿司さ々木

犀川大橋詰めの「寿司さ々木 」さんでお鮨を頂きます。

 

 

犀川大橋を渡った所です。

 

 

木造3階建ての建物。

 

 

1階の席でした。片町の夜景が見える2階の席が良かったのですが、別料金みたいです。

 

蛍烏賊酢味噌和え。

 

お造りです。

 

 

地物の毛蟹。

 

続く→