TV

ドラマがあって魔物が住んでて最後までわからない

お昼頃仕事終えて帰ってきて、TVをつけたら鈴鹿8時間耐久レースの中継を放送してました。「8耐かぁ」とついつい観てしまいましたね。20代前半の頃はよく鈴鹿サーキットへモータースポーツを観戦に行ってたのを思い出しました。8耐は勿論、春の2&4・8月の1000丗儺廖F2最終戦などなど年数回会社のお友達などと行ってましたね。特に8耐は毎年泊りがけで行って、前日の4耐から観るのです。8耐はトッププロの世界で大迫力なのですが、4耐は結構素人みたいな人も走っててそれはそれで面白かったのです。それに、当時の8耐は観客が10万人以上入っていて、もう、身動きが取れないと言ってもいい程の状態。早々に観戦する場所を確保してずっとそこで観てるしかなかったのですが、前日の4耐はせいぜい3万人程の観客でのんびりしてました。あちこち動き回って色々な場所で観戦することも容易だったのです。

観てるうちにコーナーの名称なんかも思い出して来ましたよ。S字とか逆バンクとか。あれ、ダンロップブリッジは無くなったんだとか、なんでデグナーが2ヶ所あるのとか・・。かなりコースは改修されているのですね。

 

  ※(スクリーンショットから)

今は観客席も増えているのですね。昔はちゃんとした席があるのはメインスタンドの屋根の下だけで、後は最終コーナー辺りがコンクリートのひな壇みたいになってたかな。それ以外は原っぱで草の上に座って観てましたよ。レジャーシートが必需品でした。

それにしても空席が目立ちますね。調べてみると近年は6〜7万人程度なのだとか。以前ほど人気は無いのですね。

 

  ※(スクリーンショットから)

夕方、ちょっとだけ仕事で出掛けて帰って再びTVつけると、残り30分になってました。よく、レースには数々のドラマがあるとか、サーキットには魔物が住んでるとか、チェッカーが振られるまで結果は分からないとか言いますが、このレースのラスト30分は正にそうでしたね。残り20分で西コースから雨が降り出しました。そう8耐では結構降るんです。

そして残り5分の所でそのままの順位でゴールすれば年間チャンピオンシップを取れる筈だったチームのマシンがエンジンブロー。派手に煙を出してコースにオイルをまき散らしリタイア。そのオイルでまた次のドラマが・・。

ラストラップの残り1分でトップを走ってたチームのマシンがそのオイルにのってしまって転倒。ほぼ同時にレッドフラッグが振られ、ゴール後もしばらくは順位が不明だったのです。結局2番手を走ってたチームが優勝でした。なんか凄い結末。

久し振りにモータースポーツ観戦して年甲斐も無く興奮しました。たまにはいいものです。また何か放送してたら観てみましょう。

 


グルメ

コメダ珈琲のお得

 

 

コメダ珈琲の数量限定お楽しみ袋。3200円のコーヒーチケットに+600円の3800円で、籠バッグ・扇子・1リットル紙パック珈琲2本が付きます。紙パック珈琲1本で580円なのでかなりお得です。総額だと6000〜6500円相当だそう。

 

籠バッグも扇子もなかなか良さそう。

 

明日29日まで、ドリンクを注文するとミニシロノワールが半額の220円になります。(13:00以降)

 

 


金澤 標柱のある風景

旧木町(きまち)

大通りからひがし茶屋街に向かう途中にあります。

 

 

 

由来説明文「藩政のころ、材木問屋が集まっていたので、はじめ卯辰ノ木町、四丁木町などと呼ばれ、のち、この名がついた。」(金沢市HPより)

 

 

付近にはお土産屋さんや飲食店などが軒を連ね、昼間は観光客でごった返しています。

 

 

設置場所住所 東山1−4−40

金澤グルメ

いよいよメインです_フランス料理 Makino(マキノ)④・完

→前回からの続き

 

 

次はメインです。

 

 

お肉料理を「ヴィアンド」というそうです。

 

 

デザート1皿目。

 

 

 

パッションフルーツのゼリーはさっぱりとお肉の後にいいですね。

 

 

 

ミルティーユはミルフィーユの事だそうです。

 

黒いのがそう。紫色の宝石はブルーベリーです。

 

 

コーヒーとミニャルディーズ(小菓子)で〆です。満足しました。御馳走様です。

 


金澤グルメ

珍しい天然鰻_フランス料理 Makino(マキノ)③

→前回からの続き

 

 

 

 

6問目。

 

 

「↑」方向に読んで「エスカベッシュ」ですね。

 

エスカベッシュのイメージとはかなり異なるお料理が出て来ました。鮎の塩焼きではなくて油をかけて調理してあるそうです。

 

目前でソースをかけてくれます。粉砂糖みたいな白いパウダーは脂だそう。甘くはなく瞬間融けます。なんか不思議ですね。

 

7問目。

 

これも「↑」方向に読みますね。

 

答えは「ポワソン」だそう。

 

甘鯛です。鱗がパリパリで美味しい。

 

8問目。

 

蒲焼と言えば鰻ですが・・。

 

「↓」に読んで「テンネンウナギ」。

 

天然鰻とは珍しい。見た目は蒲焼っぽいですが、お味は白焼きに近いかも。天然鰻は養殖よりあっさりしてるのかな。

 

続く→

 


金澤グルメ

金澤フレンチの最高峰_フランス料理 Makino(マキノ)②

→前回からの続き

 

 

遊び心満載のクロスワードメニュー3問目。

 

Makinoお約束と言えば・・。

 

←方向に読んで「ニンジン」ですね。

 

スペシャリテ「人参のムース」です。コンソメジュレと雲丹がトッピング。これは本当に美味しい。

 

次は・・。

 

海女さんが採ってくるのは色々ありますが・・。

 

「イワカキ」でしょうね。「ガ」ではなく「カ」を入れないと後でおかしくなります。

 

殺人現場みたいなショッキングなお皿ですが・・。

 

赤いのは血ではなくビーツのソースで甘いです。モジャモジャの下に大きな岩牡蠣が隠れてます。もじゃもじゃはギョーザの皮みたいなのを千切りにして揚げたものでしょうか。パリパリしてます。

 

次は3文字も入れなければなりませんね。

 

真っ赤な野菜はトマトでしょう。

 

もう1文字は蟹の絵があるので「カ」でしょうね。

 

器も個性的です。泡の下にフルーツトマトや蟹が隠れてます。この泡も蟹の出汁が効いてます。それにしてもどのお料理も個性的で且つ美味しい。シェフの創造力やアイディアは凄いと思います。

 

続く→

 


金澤グルメ

えーッ、メニューがクロスワード!?_フランス料理 Makino(マキノ)①

 

 

金澤フレンチの最高峰「 Makino(マキノ)」さんに行きました。食べログを見てみたら「3.93」まで上がってましたね。前に見た時は3.6か3.7位だったと思います。

 

 

 

今回テーブルに置かれていたメニューを見てビックリ!なんとメニューがクロスワードパズルなってるではありませんか。

 

もう一枚、ヒントのメニューもありました。手の込んだ演出ですね。食べる前からワクワクします。

 

先ず1品目、否、1問目ですね。桃の絵が2つ並んでます。

 

ヒントは「夏のフルーツ」で「→」方向に読みます。

 

絵でわかりますね。「モモ&トリュフ」です。

 

お料理が運ばれて来た時にお店の方が解答もしてくれます。桃の上に白トリュフがトッピング。シェフ自ら釣ってきたという赤烏賊も入ってます。

 

2問目は烏賊の絵が描かれています。

 

烏賊の「墨」と木炭の「炭」をかけたそうで「→」方向に読みます。

 

「イカドッグ」ですね。

 

お料理は烏賊を小さなアメリカンドッグ風に仕上げたもの。生地には食用の炭が練り込まれています。食べられるのは上だけで木炭は器です。

 

続く→