グルメ

営業自粛でコーヒー豆もお取り寄せ

いつも珈琲豆を買っているお店が自粛休業中なのでミカド珈琲の豆をお取り寄せしました。家にいる時間が長いので、珈琲豆も普段より減るのが早いです。

 

ミカド珈琲の豆はデパートの物産展で買ったことがあり、美味しかったので今回お取り寄せをする事にしました。

 

しかし、年末に焙煎工場の類焼があったらしく商品が品薄で一人3点までに制限されていました。更に欲しかった旧三笠ホテルオリジナルブレンドが品切れ中で購入できずちょっとがっかりでした。

 


金澤グルメ

再度「元気回復ドライブスルー販売」に行きました

先日は「元気回復ドライブスルー販売」に行ったので、今度は福久町で行われている「テイクアウトマルシェ」の方に行ってみようと出掛けたのですが、途中でお目当てのお店がその日はお休みと云う事が分かったので再度元気回復ドライブスルー販売に行先変更しました。

 

 

 

先日よりも少し車が多い気がしました。皆さん早く出掛けてきてるのかも。

 

自炊が続くと少しづつ色々頂きたい欲求が高まり、今回もおかずの品数が多い幕の内的なお弁当にしました。能登ヒバのお箸がどのお弁当にも付くみたいです。これは洗って何度も使えますね。

 

元気回復ドライブスルー販売の期限は5月6日迄となってます。緊急事態宣言が延長された事ですし、こちらの延長はどうなのでしょうか?

 


鉄道

横川グルメで遅めのランチ_アプトの道2019紅葉編⑰

→前回からの続き

 

園内に冬桜の木があります。

 

 

 

 

2月に鉄道文化むらの園内で再開した越後屋食堂の且つての店舗跡地です。この時は再開される事を知らなかったので、更地のままの跡地を見てがっかりしました。

 

鉄道資料館に戻りジオラマの運転を見学。この時は気が付きませんでしたが、後で写真を見るとホーム上のフィギュアが変。アニメキャラになってますね。

 

鉄道文化むらを出て、横川駅に向かいます。

 

横川駅前のおぎのや本店で遅めのランチを頂きます。

 

Oさんはお味噌汁とデザートに力餅が付いた釜めし定食。

 

私はお蕎麦です。

 

続く→

 


武漢ウイルス

緊急事態宣言延長か?

連休明けで感染拡大が収まるとは誰も思っていなかったでしょうけれど、緊急事態宣言が1ヶ月近くも延長と聞くとガックリしますよね。緊急事態宣言が出されてから政府や厚労省は何をしてきたのでしょうか。10万円の給付金もまだ貰えないし医療関係の資材の供給も充分でない、PCR検査の数もまだあまり増えてない。最初の感染者が確認されてから3ヶ月以上経つのに人口当たりの検査数はベトナムの半分程。これはもう先進国とは言えない途上国以下、国際的には恥ずかしいレベルの数字です。当初はしょうがなかったとしても未だに効率よい検査や医療の流れを作れない厚労省は何なんですかね。こんな状態で緊急事態宣言を延長しても何が出来るのでしょう。

 

検査数を増やし、治療薬のアビガンを承認しどの病院でも投薬出来るようにすれば医療機関の負担も減って緊急事態も解除できるかもしれないのに、アビガンの承認は7月頃だとか。なのにアメリカ製のレムデシビルは今月承認されるそう。それも少々変な話です。レムデシビルはエボラ出血熱用の新薬で副作用もまだ十分に判明してるわけではないのに、アメリカで承認されれば特例承認制度で日本でも承認されるそう。日本での治験はまだ2例だけだそうですが、この緊急時でも平常時並みのおっとりした対応ばかりのお役所にしてはここだけえらく素早い対応ですね。対して、アビガンはインフルエンザの薬で特殊な形ではありますが既に承認済みの薬です。充分に治験が行われて副作用も判明してる筈。でも武漢ウイルスに使う場合は懇ろに治験が行われています。素人考えですが、武漢ウイルスも新型インフルの1種とみなしても使ってもいいような気がしますがね。法令の無理目な解釈変更は安倍政権の最も得意とする技じゃないですか。武漢ウイルスの治療薬が増えるのは良い事ですが、この緊急時でも忖度とか省益とかを優先させているのではと疑ってしまいます。

アビガンは本人が希望し医療機関の倫理委員会が承諾すれば使えるそうですが、医療機関が治験に登録していなければだめなのだそう。その登録には相当な書類が必要なそうですよ。この事態に医師に余計な負担をかける訳です。それにしても役人は何故こんなに書類が好物なのでしょうかね。

 


金澤 標柱のある風景

橋場町(はしばちょう)

浅野川大橋の近くです。

 

 

 

懸作(かけづくり)標柱のお隣です。

 

由来説明文「天正年間は懸作・掛作とよび、商人が浅野川の河原に掛作(仮屋)を作って商売をしていた。藩政期には橋爪町・橋端町ともいった。町名は大橋詰めの位置に由来するという。」(金沢市HPより)

 

 

設置場所住所 橋場町4

 

※このカテゴリーで現在掲載中の写真は2020年1月上旬迄に撮影したものです。


武漢ウイルス

「コロナ」の呼び方で迷惑してる人もいるはず

武漢ウイルスは一般的には「新型コロナウイルス」を略して「コロナ」と呼ばれている事が多いですが、この呼び方のお蔭で全く関係無いのにイメージダウンして迷惑してる人や企業も少なからずあるはずです。

例えば・・

 

石油ストーブやファンヒーターなどでもお馴染みの株式会社コロナ。ウチにも何台かあります。冬の間は大変お世話になってます。

 

 

コロナエキストラビール。このビールの素朴な苦みと言うか、結構好きです。

 

そして、エムザの地下から続くスカイホテルの地下街。

 

これがコロナロードなんですよ。この中にある洋食屋さんに時々行ってます。美味しいんです。

他にもコロナの名が付く企業やお店や商品が数多くあると思います。これらの関係者の方々は何の落ち度も無いのに肩身の狭い思いをされているかもしれません。落ち度があるのは中国当局だけなのです。人工的なウイルスなのか、研究所から漏れたのか、動物由来なのか真実はまだ定かにはなっていませんが、中国が隠蔽しようとしたから感染が拡大し、世界中の人達が苦しんでるのは紛れもない事実です。この事実を後世に伝える為にも「武漢ウイルス」と呼ぶべきだと私は思います。

そもそも「コロナウイルス」と云うのはウイルスの分類です。その中の新たに発見されたウイルスだから「新型コロナウイルス」なのです。今の武漢ウイルス感染が収束しても何年かしたら同じ様なコロナウイルスが中国から発生する可能性が高いです。それもまた新型コロナウイルスになるのだからややこしいし、COVID-19も何だかよく分からないです。やはり「武漢ウイルス」又は「武漢肺炎」が適当だと思います。

 


グルメ

お肉たっぷり 焼肉屋さんのヒレステーキ弁当

昨日は妹の誕生日。例年ならちょっといい所で外食なのですが、今年はそれも叶いません。代わりに本人の希望で焼肉屋さんのヒレステーキ弁当をテイクアウトしました。

 

予約の時間に合わせて熱々焼き立てを用意してくださってました。冷めない様に急いで帰ります。

 

頂くのは各々自宅です。身内と言えども必要以上の接触は避けた方がいいでしょう。