旅行記

黒四ダムでダムカレーを食せ!③

→前回からの続き

 

 

ロープウェイの次はケーブルカーに乗車。

 

奈落の底に落ちて行くみたいです。

 

黒部ダムに到着しました。この辺りでは霧はかなり晴れていますが、雨が少し降っています。まあ、気にしなければ傘無しでも歩ける程度。しかし、カメラを濡らしたくないので傘を使います。

 

 

観光放水中。対岸の展望台に登ればダムの全景が撮れそうですが・・。

 

集合時間があるのであまり余裕はありません。ダムカレーと展望台、両方は時間的に厳しそう。二者択一です。雨が降ってるので展望台は諦めてダムカレーを頂きます。

 

ダムカレーは何種類かありました。一押しはダム湖の水の色も再現した辛口のグリーンカレーみたいです。しかし、サクッと頂いて帰りたいので中辛のビーフカレーにしました。

 

ダムカレー、頂きま〜す。

 

ダムカレー、決壊!皆やりますよね、これ。

カレールーは正直言って普通の味。しかし、そんな事は問題ではないのです。黒四ダムでダムカレーを食す事に意味がある。この山奥でカレーが頂ける事が素晴らしいのです。お味は二の次・・・と思います。

さて、ミッションコンプリートで帰ります。

 

続く→

 


旅行記

黒四ダムでダムカレーを食せ!②

→前回からの続き

 

 

まだお昼には早いですが、バスが止まってる間にお弁当を頂きます。この先山道なので走行中に食べるのは難しそうですし、室堂に到着後はあまり時間の余裕が無いのです。このお弁当、見た目は地味ですが頂いてみると意外に美味しい。特にご飯がモチモチで旨い。やはり富山県のお米は美味しいですね。

 

暫くしてバスは室堂に向け発車します。少し行くと立山有料道路の料金所がありました。マイカーは通行禁止です。因みに大型バスの室堂迄の往復料金は5万円以上。くねくねと急カーブやヘアピンが続く山道を運転手さんは巧みにバスを操って登って行きます。かなりこの道に慣れてらっしゃるのでしょう。先行する他社のバスにあっという間に追いついてしまいました。

熟練の運転技術でバスはどんどん高度を稼いでいきます。気が付くと朝食にと持っては来たけど食べなかったランチパック袋がパンパンに膨張して今にも破裂しそうになってます。幹事さんから支給されたおつまみ用の柿ピーの袋も同じくパンパンです。

 

博物館から1時間程で室堂ターミナルに到着しました。途中では雨が止んでいたり霧が晴れていた所もあったのですが、室堂付近はかなりの雨と霧で何も見えません。

ここで4時間半程の自由時間となり、皆さんそれぞれの目的を持って時間を過ごします。登山をする人、みくりが池温泉で入浴する人などなど。私は黒四ダムを目指し、出来ればそこでダムカレーを頂きたいと思います。

 

70人の内、黒部ダムに向かうのは10人程みたいです。ここから先の料金は個人負担なので各々乗車券を購入します。通常なら室堂〜黒部ダム間の往復料金は6480円ですがこの日はギリギリ石川県民割引の期間中で、石川県民である事を証明できる物を提示すれば3割引きになるそう。健康保険証を提示して3割引きになりました。

 

室堂から黒部ダムへは、トロリーバス→ロープウェイ→ケーブルカーと乗り継ぎます。先ずはトロリーバスで大観峰へ。

 

大観峰に到着。乗り継ぎの待ち時間があったので展望台に上がってみましたが、何も見えません。

 

待合室に戻り、スマホアプリの高度計を立ち上げてみると2320mを表示しました。

 

次はロープウェイです。

 

霧でロープウェイからの眺望も望めそうもありません。

 

続く→

 


旅行記

黒四ダムでダムカレーを食せ!①

今回のはただのバスツアーではなく同業者の皆さんの集まりで、研修を兼ねた日帰りバス旅行なのです。

 

 

朝から生憎の雨模様です。今年は7〜8月のお出掛けやイベントは全て雨に祟られてますね。バスは各地を回って参加者を拾います。僧侶以外でも寺族や門徒の方も希望すれば参加できる旅行です。大型バス2台で約70名の参加となりました。私が乗ったバスは約30名の乗車なので後ろの方は余裕で広々と乗ってます。各地を回ったバスは小矢部川SAで合流し北陸自動車道を東へ向かいます。

 

立山ICで高速を降り、立山あるぺん村でトイレ休憩です。

 

 

ここで昼食のお弁当を積み込んでますね。

 

アルペン村を出発、少し走り、立山の玄関口に当たる芦峅寺(あしくらじ)集落にある「富山県立立山博物館」を見学し立山信仰や山岳信仰に関して学びます。

 

 

立山を一望・・。

 

立山のジオラマでした。

 

肝心の立山信仰に関する常設展示は撮影禁止でした。

 

続く→

 


金澤グルメ

今年もルビーロマンパフェ①_ANAカスケイドラウンジ

今年もルビーロマンの季節がやって来ました。短い期間ですがルビーロマンパフェを頂きたいと思います。

 

 

先ずはANAクラウンプラザホテル金沢1Fのカスケイドラウンジ。

 

ルビーロマンが大きいですね。パフェはの内容は去年と略同じですが、お値段は1600円・コーヒー または 紅茶付き1950円になってます。

 

 

今年のルビーロマンパフェ

。腺裡船ラウンプラザホテル金沢1Fカスケイドラウンジ

ぶどうの木エムザ店

道の駅高松里海館

ル ミュゼ ドゥ アッシュ 金沢店

 


イベント

チームラボ「永遠の海に浮かぶ無常の花」に行ってきました

21世紀美術館の市民ギャラリーA・Bで開催中のチームラボ「永遠の海に浮かぶ無常の花」に行ってきました。

 

 

チケットはオフィシャルサイトで事前に購入。必要事項を登録しカードで決済するとメールでチケットのURLが送信されて来ます。そのURLをタップすると上の画面の様なバーコードが表示されます。会場ではこのバーコードを係りの方が端末で読み込んで入場します。

会場はB1の市民ギャラリーBと1Fの市民ギャラリーAに分かれていて、B→Aの順で入らなければなりません。

 

Bの方はプロジェクションマッピングが4作品。会場内は暗くて出入り口が判り難いですが、要所要所にはスタッフの方がいて誘導してくださいます。カメラはOKですが、ストロボと3脚は禁止です。暗いのでF値の明るいレンズを使用し、ISO感度の上限を30000迄上げて手振れをしない様にしました。

 

 

 

4作品の部屋を回ったら、一旦会場を出て1Fの市民ギャラリーAに行きます。

 

ギャラリーAの展示は、縦横に引かれたレールの上を光る球体が走り回る作品です。なんだかSFチックな感じもしますね。

 

 

 

 

 

 

入場者は初日からの合計で9万人を超えたそうで、1人2200円だから×9万でざっと2億か・・。などと下品な人間はついつい計算してしまいます。

 


金澤グルメ

欧風食堂LE MARS(ル・マルス)

同業者のBさん・Oさんと妹の4人で食事&飲み会です。

 

香林坊日銀裏の「ル・マルスさん」です。

 

こちらのお料理はどれもボリュームがあるのですが、まあ4人なので大丈夫かと、色々注文しました。

 

 

前菜盛り合わせ。取り分けた一人分ですが、これだけでもかなりの量です。その他沢山注文しましたが、テーブルが一杯であまり写真も撮れませんでした。お酒の方はベルギービールを皮切りにBさん・Oさんお二人でワインのフルボトル2本が空に・・。私は今日も運転担当でノンアルです。

 

デザートを頂いて次のお店に。

 

ソルベサワーの「ソルベエ」さんへ。

 

ノンアルのソルベジュースです。

 

紅ショウガ天。

 

さすがに酒豪のお二人も、もう入らないみたいで、そこそこで帰りました。