グルメ

オマール海老のつけ素麺

暑い日が続くと食欲も無くなりますし、台所にも立ちたくないので簡単に作れてツルツル頂ける素麺で済ます事が多くなります。しかし麺つゆばかりでは飽きてしまうので手間をかけずに一工夫しました。

 

スープストック東京さんの冷凍スープ「オマール海老のビスク」をつけ汁にするのです。冷凍スープは湯煎するか電子レンジでチンするだけで頂けます。そのままでもいいのですが、スープストック東京さんのHPにアレンジレシピが載ってたのでそれを参考に一手間かけてみました。

 

 

レシピではパプリカだのズッキーニだの「映える」野菜を使ってますが、ウチの冷蔵庫にはそんなおされな野菜は入ってないので冷蔵庫にあった映えない茗荷と舞茸で代用しました。その代わりに麺は三輪素麺のトマトを練り込んだ素麺です。

 

スープの方もレシピに倣ってオリーブオイルで炒め桜海老などを加えました。これはこれで良いのですが、このスープは元々美味しいし、作る手間や洗い物が増える面倒さを考慮するとそのままでも充分なのかなとも思います。

スープストック東京のビシソワーズでも試してみましたが、そちらも美味しいです。

 

調子に乗ってビシソワーズをカッペリーニのソースに使ってみました。おそらく合うだろうと思ったのですがこれがイマイチ。素麺ほどスープが麺に絡まず味が薄くなるのです。スープの味を調整するか、パスタの茹で汁の塩加減を濃いめにするかしないとダメみたいです。

 


グルメ

高山で飛騨牛を頂きます

→前回からの続き

高山でのランチは飛騨牛を頂きます。

 

 

日本酒の蔵元が経営するレストランのようです。

 

 

 

酒蔵をリノベーションしたものでしょうか、広々した店内。

 

結構なお値段ですね。

 

凄いサシが入ったお肉です。

真ん中のお豆腐は酒粕が入ってるみたい。運転があるので念のため食べないでおきます。少量とはいえ注意書きか一言欲しいものですね。

 

朴葉味噌飛騨牛御膳は別にコンロと朴葉味噌が出て来ました。ちょっと思ってたのと異なり、普通に焼いたお肉に別に焼いた朴葉味噌をのせて食べるスタイルみたいです。

 

しかし、朴葉味噌にお肉を投入して焼きます。この方が美味しいし、ご飯に合うでしょ。

 

 

反対側の通りまで敷地が繋がっていて、出入り口があります。流石に造り酒屋の建物は大きい。

 

続く→