金澤グルメ

田中屋のアイスキャンディーでクールダウン

暑い日が続きます。田中屋さんのアイスキャンディーをお取り寄せしました。

 

 

抹茶・マンゴー・ミルク・金時の4種類あります。今回お取り寄せしましたが、白山市の店舗で購入しても1時間半位は大丈夫だそうなのでお持ち帰りも可能です。

 

どこか懐かしいお味。しかも、和菓子屋さんなのでどことなく和菓子っぽい味でもありますね。

 

Tシャツセットでお取り寄せしました。アイスと同じ4色のTシャツを選べます。部屋着かパジャマによさそうです。


鉄道

白たへの 衣干したり 天香具山〜(奈良県日帰り旅行⑧)

→前回からの続き

予定より少し早いですが帰路に着きます。

 

 

長谷寺駅まで来ましたが時間があるのでホームに出て暫し撮り鉄。

 

この駅は撮り鉄パラダイスです。近鉄の色々な特急が通ります。21000系アーバンライナー

 

22000系

 

これはよく分からないなあ。2800系?違ってたらごめんなさい。

 

9020系で帰ります。

 

大和八木まで行って近鉄特急で帰れば早いのですが、まだ時間があるので桜井駅で降りてJR線で帰ります。

 

静かな駅前です。

 

桜井線で奈良まで。

 

反対側の下り線ホームです。ん?「かぐやま」って。

 

あの万葉集に数々謳われた「天香具山」(あめのかぐやま)の事ですよね。隣の駅なのか。流石に「万葉のあけぼのの地」、雅ですね〜。どんな所かちょっと行ってみたい気もしますが、電車の本数が少ないので帰ってからストリートビューで見てみます。

 

続く→


金澤グルメ

絶品イタリアンで女子会

友達のJさんが娘さんが短期留学中、御主人は単身赴任中と云う事で束の間の独身生活を楽しんで貰おうと皆で夜遊びのお誘いです。

 

 

お気に入りのイタリアン「ゴロゼット」さんで女子会です。

 

前菜盛り合わせ一皿目。

 

前菜盛り合わせ二皿目。

 

これはサラダ。

 

前菜盛り合わせ三皿目。

 

ガーリックトースト。

 

チーズの盛り合わせも外せません。

 

お肉です。

 

桃の冷製カッペリーニ。

 

雲丹のカッペリーニ。

 

デザートも頂きます。

 

その後主計町に移動。白糸川床の提灯が飾られています。浴衣はNさん。

 

bar一葉さんにも行きます。

 

 


鉄道

嬉しい誤算(2018初夏長野旅行⑮・完)

→前回からの続き

そろそろ帰る時間です。帰りの特急を待ちます。

 

線路を渡る猫がいました。危ないよ〜。

 

帰りの特急も「ゆけむり」が来ると思ってゆけむりの乗車位置で待ってたら、やって来たのは「スノーモンキー」。これは嬉しい誤算でした。

 

この車両はJR東日本253系成田エクスプレス」として使われていた車両です。

 

 

とても綺麗な車内です。

 

長野駅に着きましたが、今になってお腹が空いて来たのでお蕎麦を頂きます。

 

 

お蕎麦屋さんで玉子焼きを頂くのがマイブームの一つです。

 

そろそろ新幹線の時間です。

 

以上で2018初夏長野旅行編完結します。

 


旅行記

長谷寺のその他の風景(奈良県日帰り旅行⑦)

→前回からの続き

引き続き長谷寺を散策。

 

 

20数年前に訪れた時には所構わず千社札が貼られていて景観が損なわれていましたが、現在は殆ど剥がされています。まだ一部残っていますが、目立たない所なら気にはなりません。

 

 

 

 

 

 

 

門前のお茶屋さんで昼食にします。

 

暑いので冷たいそうめんを頂きます。

 

この辺りは三輪そうめんの産地が近いようで、お土産品にも沢山並んでました。

 

食後に宇治金時も頂いてクールダウンです。

 

続く→

 


金澤グルメ

なんじゃこりゃ!!!!金澤百万石抹茶パフェ

浜松さんで鰻を頂いた後、デザートにパフェを食べたにフルーツむらはたさんに行きたかったのですが階段下までの長蛇の列で諦め、エムザ内の紀男カフェに行きました。メニューにパフェがあったので深く考えず「金澤百万石抹茶パフェ」を注文したら出てきたのは高さ30僂呂△蹐Δと云う巨大なグラスに盛られたパフェでした。

 

 

思わず「なんじゃこりゃ!!」と叫びそうになりました。

 

 

iPhone召稜椣幣紊旅發気あります。このパフェ、中間部分が一口大のスポンジケーキとコーンフレークでした。個人的な好みで言うとそのような焼き菓子的な物が入ったパフェは苦手ですが、何とか完食しました。同じパフェの金箔バージョンもありましたよ。

しかし、この器洗い難そう。飲食店は業務用の食洗器などを使うのだろうと思いますが、食洗器にはいるのかしら。入ったとしても底まで水流が届かなそうです。

 


鉄道

長野電鉄2000系を見学(2018初夏長野旅行⑭)

→前回からの続き

小布施駅に戻り、構内に静態保存されている2000系電車を見学します。小布施に来たもう一つの目的です。

 

 

見学は自由ですが、駅構内なので乗車券か入場券が必要です。

 

 

2011年までは定期運用されてたそうで、車体は綺麗です。

 

 

長野寄りのモハ2008は車内も見学出来ます。

 

 

 

 

山中温泉に静態保存されている北鉄6010系と年代が近く同じ日本車両製なので(工場は異なると何かで見ましたが)、車内の雰囲気がよく似ています。外観は2000系の方が垢抜けてる気がしますが・・。

 

北鉄6010系です。

2000系も6010系もオリジナル車両です。今の地方都市の私鉄車両は大都市の鉄道会社のお古ばかりですが、昭和の鉄道華やかなりし頃は自前の車両を作る勢いがあったのですね。

 

外に出ると元営団3000系を使った3500系の下りの湯田中行き普通列車が到着していました。

 

続く→