情報

本当にもう食べられなくなってしまった・・・・

先日紹介した群馬県のもつ煮が人気の越後屋食堂が火災で全焼してしまったそうです。

 

 

出火の原因は油が入ったフライパンを火にかけたまま、その場を離れてしまったのだとか・・・。

 

出火当時、営業中でしたが客は無く、経営者の御夫婦も避難され死傷者が無かったのは不幸中の幸いです。この味のある看板は燃えちゃったのでしょうね。

 

経営者がご高齢なので再開は難しいのでしょう。本当にもう食べられなくなってしまう可能性大です。また今年も訪れてもつ煮を頂きたかったのに残念です。もし再開されたとしても、この昭和感は得られないでしょうね。

 

つい先日も、越後屋から軽井沢方向に進んだめがね橋から花柳幻舟さんが転落死したというニュースがありました。

 

橋の上にはこのような転落防止の柵があります。

 

この辺りから落ちたのでしょうか。

 

それから、私は知らなかったのですが、お正月にめがね橋付近で山火事があったのだとか・・。現場はC29だそう(碓氷峠のカーブには番号が付いてます。めがね橋の下はC34)。めがね橋から第五隧道を抜けた所です。写真はC27辺りでもう一つ第四隧道を過ぎた所ですが、火災の現場もこんな感じの場所です。火の気も無い場所なのでタバコのポイ捨てが疑われているみたいです。

なんだか2019年、アプトの道沿いで事件が続いてますが、これで終わって欲しいものです。

 


暮らし

大当たり〜!

かほく市の「あったか雑炊・鍋まつり」で応募した抽選に当たりました。

 

賞品はお食事券3000円分です。コンプリートの商品券と合わせて4000円分。さて、どこで使いましょうか。

 


金澤 標柱のある風景

旧柿木町

柿木畠は知られてますが、柿木町もあったのですね。こちらは静かな住宅街です。

 

 

 

 

由来説明文「三代藩主前田利常のときに火除地として城下の各地に柿木畠が設けられた。柿本人麻呂をもじり、柿の木のもとでは火が止まるに因んだといわれる。この地にも柿が植えられたが、後に町立てされてこの名がついた。」(金沢市HPより)

 

 

 

 

 

設置場所住所 扇町8−40先

 

 


情報

今しか見られない_鼠多門復元工事見学台

金沢城鼠多門と鼠多門橋の復元工事が行われていますが、工事の作業の様子を見る事が出来る見学台が設置されています。

 

玉泉院丸庭園の近くです。

 

 

 

 

 

工事の様子を見学出来るのは、工事中の今だけです。

 

 

大きな梁ですね。

 

寄進募集も行われています。私はネットで申し込み済です。

 

 

 

尾山神社側から見た工事現場です。ここに橋が架けられます。

 


金澤グルメ

街中を呑み食べ歩く「金沢バル」に行きました③・完

→前回からの続き

 

 

4店目は片町スクランブル近くのビルのB1にある「キッチンバル ベイビーリック」。

 

何故ここかと言うと、スイーツがあったので。

 

自家製ティラミスとグレープフルーツジュースで一休み。

 

5店目は、お隣の「バー ボルドール」。

 

こちらは本格的なバーでした。ちゃんとしたカクテルもチケット1枚。シンガポールスリングにしました。ここはまたリーピートしたいお店です。

 

でも、お腹一杯なのでフードは自家製生チョコ。これも美味です。

 

最後に東急ホテル「マレ・ドール」のバーで本日終了。

 

 

ホテルのバーは静かで落ち着いてて大人の雰囲気ですね。

チケットは少し残りましたが、翌日も使って完了です。来年も開催されたら行きたいですね。

 


金澤グルメ

街中を呑み食べ歩く「金沢バル」に行きました②

→前回からの続き

金沢バルで呑み歩き。

 

 

2軒目は新天地へ。何だか人だかりになってますが・・。

 

人だかりは行こうと思ってたお店「イル・マーレ」の前でした。結局、私達の直前で満席になり、しばらく待ってやっと入れました。

 

2店目では赤ワインにしました。

 

一人鍋みたいですがアヒージョです。これはチケット1枚のメニュー。

 

チケット2枚で「生うにのクリームソースパスタ」が頂けます。雲丹なのにイクラがトッピング??

 

パスタを頂いたら直ぐに次のお店に向かいます。この手のイベントでは長居をせずに数多くのお店を回る方がいいでしょう。3店目は柿木畠の居酒屋「千の升」。

 

ここではちょっとアルコールは一休みで加賀棒茶を頂きます。どのお店のドリンクメニューにも必ずソフトドリンクが用意されていますので、呑めない方も車の方も大丈夫。

 

フードはあんこうの唐揚げでした。

 

プレーゴを通り抜けて次に向かいます。

 

続く→

 


金澤グルメ

街中を呑み食べ歩く「金沢バル」に行きました①

片町など繁華街の飲食店が64店参加する「金沢バル」に行ってきました。3500円で5枚綴りのチケットを購入し、参加店で1ドリンク+フードのとてもお得なバルメニューを頂けると云う呑兵衛が泣いて喜びそうなイベントです。百番街の「百バル」とか、最近は行われなくなりましたが東山界隈の「満月ワイン」なども同様のイベントですね。

 

 

Nさんと妹と3人で行きます。まず、片町きららで予約したバルチケットを購入します。5枚綴りで前売り(予約)は3500円、当日は4000円になります。1人2冊予約しました。

 

しかし、チケット売り場に行くとテレビカメラが来てるではありませんか。地元局のニュース番組らしいです。初めてのイベントなので取材に来たのでしょう。引き換え所を狙ってます。あの方たちに撮られてしまうと無断でニュースに流されます。以前にやられました。肖像権とかどうなってるのでしょうかね。今から夜遊びのはしご酒をしようと云う所を撮られて流されたらたまりません。私達と同じ理由で躊躇してる人が何人もいました。

 

待っててもなかなかカメラが去らないので3人の中で一番若く、(黙ってれば)美魔女と評判のNさんに「あんた、行ってきまっし」と代表で買いに行ってもらいました。

 

無事チケットを入手し、まず向かったのは「ソル兵衛」。

 

サワーにシャーベットをトッピングした「ソルベサワー」で乾杯!

 

フードはチケット2枚が4種の天婦羅。カプレーゼの串が美味しかったです。

 

更に味玉天も付きます。チケット1枚のメニューもありました。

 

割ると黄身がトロッと出てきます。

 

御馳走様でした。では、次へ行きましょう。

 

続く→