金澤グルメ

天空のディナー

ホテル日航金沢29Fの鉄板焼「銀杏」さんで食事です。

 

 

鉄板越しに見える29Fからの夜景もスパイスの一つかもしれません。

 

 

 

鱗がパリパリの甘鯛。

 

お魚の前菜が続きます。

 

いよいよお肉です。能登牛のヒレとミスジ。柔らかなヒレと歯ごたえのあるミスジ。対照的な食感です。しかし、お肉小さいなぁ。

 

タレは5種類。

 

 

お口直しのシャーベット。

 

温かいデザートですが、苺大福と最中の中間みたいな感じです。

 


金澤 標柱のある風景

旧板前町

板前町と聞くと片町や木倉町など繁華街の飲食店街近くにあるように思いますが、普通の住宅街の児童公園の一角にあります。

 

 

 

 

天神町児童公園の一角にあります。

 

 

 

町会名はまだ生きてるみたいです。

 

 


金澤街歩き

梅の花が咲き始めました

昨日はいいお天気で気温も高く気持ちのいい日でした。今年初めてカメラ散歩に出掛けました。着膨れて出掛けたら汗ばむ程の陽気です。くらしの博物館の前のある梅の木が咲き始めていました。

 

 

 

飛梅町だから梅が咲いたと云うわけでもないでしょうが、去年と比べるとかなり早い開花です。去年の今頃なんて雪に埋もれてましたからね。

 

 

 

 

 

本格的な春が待ち遠しいものです。


旅行記

斎藤工さんが座った場所_師走の東京へ

→前回からの続き

今日は帰る日ですが、時間があるので柴又観光に行きます。

 

 

帝釈天の参道です。

 

 

なかなかいい感じです。

 

俳優の斎藤工さんが座った場所だそうです。イケメンはお団子食べてても絵になりますね。

 

寅さんの団子屋さんのモチーフってここでしたっけ⁉

 

 

 

あれ、ここだったかな? ぶっちゃけ、「男はつらいよ」の映画観たこと無いのです。

 

あっ、寅さんだ!・・・って、寅さん記念館に移動したのでした。

 

続く→

 


グルメ

精肉店直営の松阪牛高級焼肉店

Kさんのお誘いで、R君と3人で松阪牛を使った高級焼肉店へ。

 

 

ここは西念町の確か昔、ちゃんこ屋さんがあった場所だ。最近出来たお店らしいですが、精肉店直営でお肉も売ってますね。

 

つけダレは、左タレと右大野醤油。焼けたお肉を置いておく金網付きのお皿は良いアイディアですね。

 

一切れが大きくてやや食べ難いし、無くなるのが早くて何だかあまり食べた気がしない。客単価を上げる作戦でしょうか。お肉は確かに良いお肉です。

 

うっかりすると一人当たり1万円位は行っちゃいそう。

 

キター!松阪ヒレ!一皿6000円。一切れ1500円也。緊張でピンボケになりました。このお肉はジューシーで柔らかく本当に良いお肉です。良いお肉だけに、出来るならちゃんとした料理人が焼いたのを食べたいものです。それと、金箔は余計。

 

注文した物が出て来るまで時間が掛かり過ぎなので間延びしてしまいます。

 

焼しゃぶは一皿お肉一枚だったので、Kさんにお譲りしました。もう結構お腹一杯だったのでね。もしまた行く事があったら、このお肉で白ご飯を巻いて食べてみたいです。

 

冷麺で〆ました。デザートの種類は多くないです。アイスクリームはなんとハーゲンダッツがそのまま出て来ます。う〜ん、だったら家に帰って冷蔵庫に入ってるのを食べた方が安上がり。

 

で、デザートは、帰り道に倉式珈琲で和スイーツと抹茶プレッソを頂きました。

 

 


金澤 標柱のある風景

木倉町(きぐらまち)

片町近くの木倉町です。

 

樹木に囲まれていますね。

 

平成15年に旧町名が復活したので「旧」の字は消された痕跡があります。

 

樹木に隠れて説明文が見えませんが、藩政初期に藩の材木蔵があったそうです。

 

 

木倉町商店街の一角にあります。付近には美味しいお店が沢山ありますよ。