武漢ウイルス

アルコール消毒液の重量比と容積比

5月26日から転売が禁止され、武漢ウイルス感染拡大の初期よりは比較的入手が容易になったエタノール(アルコール)消毒液ですが、その効果や濃度について整理してみましょう。

何故エタノール消毒液が武漢ウイルスに効果があるかというと、アルコールがウイルスの膜を破壊する事で不活化(無毒化)されるのだそう。その為にはある程度の濃度が必要ですが報道などで解説されていたのは60%〜80%との事。薄くては効果が無いし、高過ぎてもアルコールが直ぐに蒸発してしまってダメなのだそうです。

しかし、厚労省のHPでは70%〜95%が必要となっています。但し入手困難な場合は60%台でも差し支えないともあります。

北里大学の研究では50%・70%・90%は1分間の接触で不活化効果あり。10%・30%は10分間の接触でも不活化効果無しとあります。

 

ややこしいのはエタノール消毒液の濃度の表記が3通りあると云う事です。その3通りとは「重量容積比(w/v%)」「容積比(vol%)」「重量比(w/w%)」です。内容は順番に「100mlの中にエタノールが何g入っているか」「100mlの中にエタノールが何ml入っているか」「100gの中にエタノールが何g入っているか」だそう。めんどくさいですね。例えば写真のビオレuだと重量容積比55.5w/v%、容積比65vol%、重量比57w/w%になります。それで、通常の濃度○○%とはどれを見ればいいかと云うことですが、真ん中の容積比の様です。なのでビオレuは65%で消毒効果ありと云うことになりますね。それにしてもややこしい。池上さんでも詳しく解説してくれないかな。

 


金澤グルメ

稚鮎の天ざる

美容院へ長く行ってないので髪が伸びてもう限界。あまり行きたくはないけれど仕方が無いので諦めて行ってきました。前に行ったのは3月なので4ヶ月も行っていないのです。3月の時にはウイルス対策が殆どされてなかったので不安でしたが、流石に緊急事態宣言前などを経た今では対策はなされていました。

考えてみれば3月当時と今は状況が似ているかもしれません。あの頃は、一時期減った観光客が少し増えて来ていて、石川県では県外で感染したと思われる陽性者が出ていました。その後、連休や春休みで観光客が増え、市中感染と思われる事例が発生し陽性者が激増したのです。今度も同じ様な経過を辿らなければいいのですが・・。

 

美容院を出て、お昼がまだだったのでお蕎麦でも頂こうとはこまち2Fの「そば久」さんに入りました。さっぱりと辛味大根蕎麦にしようと思っていたのですが、稚鮎の天ざるが新たにメニューに加わった様で、ついついそちらを注文してしまいました。

 

お蕎麦屋さんの玉子焼きが好きなのですが、こちらのメニューには無いので、代わりに胡麻豆腐の揚げ出しも注文しました。お出汁が美味しい。

 

 

稚鮎の天婦羅2〜3本で良かったのですが、野菜もあってかなりの量ですね。稚鮎の天婦羅は美味しいです。小さいけど苦みもしっかりあります。

 

案の定、お腹が一杯になって完食できず野菜天を少し残してしまいました。ごめんなさい。

 


TV

日本は海運でも後進国なのかな

今日TVを観ていたら巨大コンテナ船に乗り込んで長期取材をした番組が放送されていて、興味深く拝見しました。御覧になった方も多いかと思います。

番組の中で気になったのが、この船はイギリスを出発して各地の港でコンテナを積み降ろすのですが、中国や韓国には入港するのに日本には入港しないのです。日本向けのコンテナはシンガポールで他の船に積み替えるのだそう。日本の海運会社が運航し、乗組員も船長以下多くが日本人なのに日本には入港出来ないのだそうです。どう云う事なのかネットで調べてみたらこの船は世界最大級のコンテナ船で全長400mで吃水も深く、日本の港では接岸して積み下ろしが出来る港が今の所無い様です(整備中ではあるようです)。中国や韓国には普通に入港しているのにです。

 

日本の港は世界規模の海運の中ではハブ港にはなり得ず、末端の港でしかないみたいです。四方を海に囲まれた日本には海運は必要不可欠で世界的にもトップクラスなのかと思ってましたが、ちょっと違うのでしょうか。武漢ウイルス禍でIT後進国であることも発覚しましたしね。

 


金澤 標柱のある風景

観音坂(かんのんざか)

こちらは勾配が急な「男坂」です。明治期に作られた北側の坂は「女坂」になります。

 

 

 

由来説明文「観音院の門前の坂で、加賀藩初期、同院の参道として作られた。明治42年北側に新しい坂路ができた。」(金沢市HPより)

 

 

 

 

設置場所住所 観音町3-2-15先
 ※金沢市HPでは「東山1−33−11先」となっていますが2019年に旧町名が復活している為、対照表に依り変更

 

 

※写真は2017〜2019年に撮影

 


武漢ウイルス

県内で25日振りの感染者

県内で25日振りに武漢ウイルス陽性者が確認されました。感染した方は大学生で附属病院で入院患者との接触もある臨床実習中なのだそうです。医学知識がある方がいくら注意していても感染する場合もあるでしょう。これは不可抗力な災難でその事を非難するつもりはありません。しかし、問題なのはこの学生さんは病棟で実習中なのにも拘わらず今月に入ってから2度に渡って東京の実家に帰省したとの事。これは県内での市中感染ではなく帰省中の感染の可能性が濃厚です。2回目は11〜12日ですから既に東京では1日当り200人を超える陽性者が確認されていた時期です。そして、帰省先から帰った翌日に病棟での実習に参加していたそう。これは医療に携わる方としては少々軽率な行為と言えるのではないでしょうか。例え必要な帰省であったとしても帰宅後、10日なり2週間なりの自宅待機をしてから実習に参加すべきではないのかと思います。大学や病院で実習中に感染が拡大している地域への移動を控えるようにと云う指導をしていなかったのかとか、感染発覚前にこの事実を認識していたのかどうか説明して頂きたいものです。

 

この病院は石川県の医療の頂点とも言える拠点病院で、確か武漢ウイルス感染病棟もあったはず。病院スタッフの方は日々細心・最大の注意を払って業務に取り組んでおられる事でしょう。院内感染やクラスターに発展しないことを願うばかりです。

 

 

 

※昨日のクイズの正解

右から左に読んで「まつたふ」・・・「松任」でした。

 

 


情報

「昭和モダンの金沢・加賀・能登―永久保存版いしかわの映像遺産1924‐71 (DVDBOOK) 」を買ってみました

古い動画が数多く収録されているそうなので、少々お高いけど買ってみました。

 

 

1924〜1971の映像が収録されているそう。私としては1980年頃まで収録して頂きたかった。

 

DVDの他に写真集と古い市街地図(昭和4年と28年)が同梱されていました。

クイズを一つ、映像にあった昭和初期の駅名標ですが「ふたつま」とありました。さて何処の駅でしょう。石川県内の駅です。もうお分かりですよね。

正解は明日。

 

 


グルメ

フレンチ店でも使っているバターをお取り寄せ

先日、ネネグースさんで教えて頂いたバターをお取り寄せしました。

 

業務用の全酪バターで450gあります。Amazonでも扱っていたのでお取り寄せは楽でした。

 

見た目はネネグースさんと同じですが、頂いてみると・・・何か違いますね。やはりプロは一手間二手間かけてるのでしょうか。次に訪れる機会があったら尋ねてみましょう。食パンには合わないと云う事もあるのかも。バゲット買って試してみます。