武漢ウイルス

アビガン承認を快く思ってない人達がいるのかもしれない

武漢ウイルス治療薬候補のアビガンが明確な有効性を示されていないとの報道がありました。別の報道では「中間解析は安全性を評価するもので、薬剤の効果を判定するものではない。違う形で報道されている」ともありました。安倍総理が今月中の承認を目指すとした割には、進んでない感じがします。アメリカ製のレムデシビルがすんなりと承認されたのと比べて、我々一般人には中々理解しがたい所です。

 

アビガンの名前を初めて聞いたのは2月頃だったでしょうか、その時ネットで分かる範囲ではありますが調べてみました。

アビガンはタミフルなどに変わるインフルエンザ治療薬を目指して開発が始まったのですが、催奇性と云う副作用が問題となり通常の承認はされませんでした。しかし、ウイルスに対するメカニズムが他の治療薬とは異なっていて、また、耐性ウイルスが出来にくい特徴もあるため却下してしまうのは勿体ないとの事で、新型インフルエンザに他の全ての治療薬が効かない場合にのみ厚労大臣の許可で使用・増産出来るとした特殊な認可で200万人分が備蓄されました。ここまでは最近でもよく報道されてる事です。

この先はネット上の断片的な情報に基づく憶測ですが、アビガンの副作用である催奇性が過大に評価されて通常の認可にならなかったふしがあるのです。何故そんな事になったかと言えば、アビガンを販売する富士フィルムを製薬業界の中で大きな力を持つ製薬会社が快く思ってないから。業界で大きな力を持っているという事は天下りの厚労官僚を沢山抱えてるって事でしょうね。富士フィルムには天下り官僚がいない(少ない)との噂も・・。

国民の健康・命・財産に関わる事に一部の企業や官僚の思惑が重大な影響を与えているとすれば許し難い事ですよね。良識あるマスコミが事実を暴き出して頂きたいものです。

 


坂の街 金澤

つばや坂

久し振りにこのカテゴリー。写真は2016〜2018年に撮ったものです。

犀川沿いの道と寺町の通りを繋ぐ坂です。「サカロジー」の著者故国本昭二さんが個人的に「つばや坂」と呼んだそう。由来は坂の上にある料亭のつば甚と、且つて坂の下にあったつば甚経営のセンチュリープラザを繋いでいたからだと思われます。その他「甚兵衛坂」とも呼ばれているそう。

 

犀川沿いの通りです。

 

センチュリープラザの跡は専門学校になっています。そこと民家の間の舗装もされていない見落としそうな路地が入り口。

 

 

 

階段のコンクリートはかなり年季が入った感じです。

 

くねくねと方向を変えて登ります。

 

 

 

 

 

坂の上は寺町の通りに出ます。

 

 

 


武漢ウイルス

2週間後が怖いなぁ

緊急事態宣言が解除になって気が緩んでる方も少なくないみたいですね。石川県民は比較的慎重なのでしょうか。しかし、デパートなども営業再開したみたいですし、ここで慎重にしないと2週間後に再び感染が拡大するかもしれません。

 

私は緊急事態宣言中と変わらず外出自粛しています。出掛けるのは仕事がある時と週一のお買い物、後はたまにテイクアウトのお弁当を買いに行くなど必要最小限にしています。元々ヒッキー体質なので巣ごもりは結構平気みたいです。今月中はおそらくこんな感じで続けるでしょう。ガソリンが減らなくて助かります。6月に入ったら様子をみて外出もあるかもしれません。

 


武漢ウイルス

アルコール消毒液もやっと転売禁止に

ビオレuの手指消毒液がネットで3000円位迄値下がりして来たので購入しました。元値が500〜600円位の筈なのでまだ5〜6倍もするわけですが、必要な物なので仕方が無いですね。少し前までは1万円以上もしたので多少お安くはなりました。それでも未だに18000円と元値の30倍もする有り得ない値段を付けてるのもありました。やっと消毒液も転売禁止になるそうなので値段が下がって来るかもしれません。

 

そもそも何故マスクを転売禁止にした時に同時に消毒液も転売禁止にしなかったのか甚だ疑問です。その他にも体温計など感染防止に必要なあらゆる物が買い占められていますからね。対応が遅すぎます。

この際全ての転売行為を禁止にすればいいと思います。一応、古物営業法などの法律はあるみたいですが、もっと厳しくしてしっかりと取り締まって頂きたいものです。

 


金澤 標柱のある風景

瓢箪町(ひょうたんまち)

明成小学校の敷地の片隅に設置されています。

 

 

 

由来説明文「藩政の中ごろまでこのあたりは塩屋町の一部で、この地に瓢箪をつくる者がいたから、また瓢箪を売る店があったことから、この名がついたといわれる。」(金沢市HPより)

 

 

 

設置場所 瓢箪町5−48

 

※このカテゴリーで現在掲載中の写真は2020年1月上旬迄に撮影したものです。


金澤グルメ

テイクアウトマルシェ金沢にも行ってみました

緊急事態宣言解除で「元気回復ドライブスルー販売」や和音の湯駐車場でのドライブスルー販売は終了した模様ですが、福久の休業中のパチンコ店駐車場を利用した「テイクアウトマルシェ金沢」はまだ継続中なので、行ってみました。

 

R8の福久南の信号を森本方向に曲がり、最初の通りを左折すると右側にあります。11時過ぎに到着しましたが、そんなに並んではいませんでした。

 

メニューです。×しるしは売り切れかな。お昼用と夕食用に2個買って帰りました。

 

ランチ用はハントンライスです。

 

ご飯はケチャップライスでフライは海老です。

 

夕食用のイタリアン弁当。

 

パスタとピラフで炭水化物祭り。おかずはお肉が中心。冷蔵庫に入れて置いて、夜にチンして頂きました。

緊急事態宣言は解除されましたが、まだまだ暫く外食は躊躇う所なのでテイクアウトやドライブスルーはもう少し続けて頂けると助かります。こちらのテイクアウトマルシェ金沢ですが、スタッフの方に尋ねたら5月31日迄は続ける予定だそうです。パチンコ店が休業中は大丈夫そう。

 


鉄道

横川の街に野生の猿が現れた_アプトの道2019紅葉編⑱・完

→前回からの続き

おぎのや本店で食事をした後、まだ時間があるので横川の街を散策。

 

 

宿場町の頃を彷彿とさせる古い建物も幾つかあります。

 

あ、猿がいます。

 

こちらにも。かなりの数の野生の猿が我が物顔に民家の屋根を移動しています。

 

雨どいを登るのもいます。

 

屋根に上りました。アプトの道では何度か野生の猿の群れを見た事があります。

 

猪もですか・・。野生の王国ですね。幸いにまだ猪にも熊にも山ビルにも遭遇した事はありません。

 

碓氷関所跡まで来て駅に引き返します。

 

 

横川から高崎迄は信越本線。

 

高崎で一旦改札を出て、お土産にガトーフェスタハラダのラスクを買いました。高崎が本拠地なのですね。

北陸新幹線で帰りました。以上で「アプトの道2019紅葉編」完結です。旅行ネタもこれで無くなりました。