金澤グルメ

人気店の予約が取れた!

人気鮨店の「鮨木場谷」(すしきばたに)さんに行ってきました。

 

主計町の通りから少し彦三方面に進んだ住宅街の中にあります。

 

 

オープンからまだ2年ちょっとの新しいお店です。オープン間もない頃に一度予約を試みた事がありますが、当初から話題の人気店でその時は日程が合わず予約が取れませんでした。それから一度は訪れたいと思っていたのですが、今回試しに電話してみたらタイミングよく予約できました。

店内はカウンターのみの9席ですが、やはり満席でしたね。

 

おつまみから。

 

蛸、柔らかです。

 

これは白子。

 

のどぐろですが旨味が凄い。

 

手巻き。

 

椀物のお魚は鯛ですが、これも旨味が凄い。蓋の内側の兎は鏡花に因んでいるのでしょうかね。

 

ここから握り。まずはヒラメ。お魚は氷見の物が多いみたいです。

 

烏賊。

 

鮪。

 

中トロだったかな。

 

こはだ。光物は実は苦手なのですがこれは大丈夫。

 

 

 

鳥貝。

 

雲丹はフワフワで手で持てません。

 

穴子。

 

最後に玉子焼きで〆です。

 

もう辺りは暗くなっていました。お腹一杯で満足して帰ります。

 

 

 


金澤グルメ

蛤坂春次郎

蛤坂春次郎(はまぐりざか はるじろう)と聞くと時代劇か大衆演劇の登場人物みたいですが、違います。

 

 

片町から犀川大橋を渡り左折します。

 

分かれ道を犀川沿いの道を行かずに・・。

 

右に行くと蛤坂です。

 

 

その蛤坂に先月開店した和食店が「蛤坂春次郎」さんです。

そういえば、お花見の頃にこの辺りを通ったら業者らしい車が止まっていて工事中でした。

 

お向かいは山錦楼さんです。

 

町家をリノベした店内。板の間に土足のまま上がれと言われましたが、綺麗なのでちょっと躊躇しました。新しい靴で来てよかった。

 

先付けは2段になってます。

 

鮑にキャビア。贅沢ですね〜。

 

 

 

 

 

雲丹を海苔で巻いた天婦羅の断面。

 

 

メインはお肉です。能登牛と能登豚の共演。

 

食事はのどぐろの炊き込みご飯でした。

 

 

ところで、春次郎って誰なのでしょう?気になりますよね。おかみさんに尋ねました。皆さん尋ねるそうです。

春次郎さんは寺町の金茶寮の初代の方なのだそうです。で、こちらのおかみさんはその三代目なのだそうですよ。

 


金澤グルメ

ギャートルズみたいに

仲間内のR君がお誕生月と云う事で、皆でご馳走しました。私の時にご馳走して頂いてるのでお返しです。

 

一応何が食べたいか尋ねたのですが、肉好きのR君、尋ねるまでもありませんでした。

 

お店は卯辰山の六角堂 Grill & Barにしました。金沢市内を見渡す眺望。鉄板焼きの席もありましたが敢えてグリルの方の席を予約。

 

 

お料理はコースでお願いしました。

 

 

 

 

 

コースのお肉とは別にUS骨付熟成ビーフも注文し皆でシェア。R君はギャートルズみたいな骨付きのお肉にかぶり付きたいみたいです。

 

こちらはコースの方の国産黒毛和牛サーロイン。USビーフと異なりジューシーで柔らかですが、私は脂肪が少なくあっさりと赤身が味わえるUSビーフの方が好みです。