情報

今年も災害列島化

近年毎年のように全国どこかで起こる大雨災害。今年は武漢ウイルス感染防止の為に世界的にロックダウンが行われ、その間大気汚染が減ったそうなので、もしかしたら異常気象も多少は緩和されないかなと期待していたのですが、逆に激甚化してしまいました。被災された方は本当にお気の毒です。しかも、今年は武漢ウイルスのせいでボランティアの方々も例年の様には動けません。復興の道程は相当困難なものになるのかもしれません。

 

梅雨前線の停滞が続くそうで、この大雨も来週まで続くかもしれないとの事。更に被害が増えないといいのですが・・。

 

また、晩夏から秋にかけては台風被害もあるかもしれません。幸いに今年は今の所台風の発生が少ないそうですが・・。そして、地震の恐れも常にあります。これ以上の複合災害にならない事を願うばかりです。

 


情報

あな恐ろしや中国!「香港国家安全維持法」は他人事ではない

「香港国家安全維持法」が制定され香港の方はお気の毒と思っていたのですが、どうやらこの法律は他人事では無いみたいです。その条文には香港非永住者にも適用されるとあるそう。つまり、外国人にも適用される可能性があると云う事。例えばこのブログに「国家安全維持法反対」(ヤバい、書いちゃった)と書いて中国当局の目に留まれば拘束されるかもしれないと云う事になります。勿論、日本に居て拘束される事はありませんが、香港や中国に渡航したら逮捕される可能性があるのです。

 

それだけではありません。中国は30ヶ国以上の国と犯罪人引き渡し条約を締結していて、西側先進国の中にも締結国があるのです。フランス・イタリア・スペイン・韓国などがそう。なので、それらの国(韓国へ行く事は無いと思いますが)へ旅行した場合でもそこで拘束されてしまう可能性があると云う事。あな恐ろしや中国。日本は今の所中国とは条約を締結していませんが、締結の交渉は何度かしているそうです。もし締結されてしまったら日本に居ても安心できなくなってしまいます。カナダは同法の施行を受けて香港との間に締結していた犯罪人引渡条約を停止したそう。素晴らしい。カナダに倣う国が増えて欲しいものです。

それにしても、独裁国・独裁者は「自由」が相当怖いようですね。

 


情報

あなたはUFOを見た事がありますか?・・・・

あなたはUFOを見た事がありますか?実は私、UFOかもしれない物体を目撃した事があるのです。それも2回。

1回目は小学生の時です。それはお掃除の時間か何かだったと思います。私は校庭にいて周囲にも何人かの同級生がいました。突然、校舎の2階か3階にいた人が開いた窓から「あッ」と言ったのでその人が見てる方向に目を向けると、低い山の稜線に沿って葉巻型の白い物体がツーーーっと云う感じで空中を移動していたのです。周りにいた人も全員目撃したと思います。

但し、この件は50年も前の事なので記憶が曖昧なのです。今その場所に行ってみても、そこから稜線は見えないのです。周囲に建物が増えたとか高くなったと云うような事はありません。周りにいたのが誰だったのかは覚えていません。もしかしたら、記憶違いで私が校舎の中にいたのかなとも思いますが、方角的に校舎のその窓からは稜線は見えない筈なのです。何か記憶が混同してる可能性があると自分でも思います。

 

2回目も30年程前ですが、こちらはかなり鮮明な記憶があります。関越自動車道を関東方面から長岡に向けて走行中でした。当時は長野道が未開通で関東から金沢へ高速道路で移動するには関越道から長岡を経由し北陸道に入る事が多かったのです。時間は午前0時を回っていたと思います。関越トンネルを抜け、越後湯沢ICを通過し塩沢石打SAも過ぎました。六日町ICも通過していたかもしれません。右側には山が迫っていてその上には高圧線の鉄塔がありました。ふと気が付くと、暗くてよくは見えませんが車から見て右斜め方向の上空、高圧線がある辺りに淡い光が見えたのです。最初は高圧線に何かの光が当たって反射してるのだろうとあまり気にはしませんでした。

しかし、不思議な事に車を先に進め、道に沿って右・左にカーブし車の向きは変わっているのに、ずっと同じ位置の右斜め上方向に光りが見えるのです。ウインドウガラスに何か反射してるのかなと思い確認しましたが反射ではなく、顕かに光は車外の右斜め上方向に存在するのです。その光が私の車を追跡するように並行して飛んでいるとしか考えられません。光の正体を確かめたいとは思いますが、運転中なので注視するわけにはいきません。高速道路なので不用意に何処にでも停車するのは危険です。PAやICが近づくとナトリウム灯の黄色い灯りで周囲が明るくなり、それにかき消されてか一時的に光は見えなくなります。通過して周囲が暗くなると、また同じ位置に光が見えてきます。それ位の弱い光でした。

安全運転に留意しつつチラチラと可能な限りに光を観察しました。どうも、所謂アダムスキー型UFOの球形の脚から下方に向かって3本の光の柱が出ている様な感じ。しかし、その上にあるかもしれないUFO本体は暗くてどうしても見えません。幾つかのIC・PAを通過し、一時的に周囲の灯りで見えなくなり通過しまた見えてくるを繰り返して最終的に越後川口SA近くまでは同じ位置に見えていましたが、通過後は見えなくなりました。時間にして15〜20分程か30分程の出来事です。勿論光の正体は分からず仕舞い。その後も同じ道を同じ車で何度も通りましたが光は見ていません。

後から思えばUFOに観察されてたのかもしれませんね。拉致されなくてよかった。もっとも、暫く観察して拉致する価値無しと判断されたのかもしれません。

この話に嘘はありませんが、信じる信じないは皆さん次第です。

 


情報

謎の飛行物体の正体は?

先日、宮城県の上空に現れた謎の飛行物体の正体は何なのでしょうか?

「Loon」と云うGoogleの子会社がやってる移動通信に使う気球ではないかとの説があります。

https://ja.wikipedia.org/wiki/Project_Loon

何かの原因で流されて来たのかもしれません。辻褄は合いますが、真実かどうか、その正体は謎のままです。

 

それにしても、正体不明の飛行物体に何の対応も出来ないこの国の危機管理能力はなんとお粗末なのでしょう。もし、将軍様か習近平の新兵器とか無人偵察機とかだったら恐ろしい事です。レーダーに映らず、生物化学兵器を積んでる恐れがあればヘタに撃ち落とすことも出来ない。案外ミサイルよりも厄介かもしれません。

 


情報

ヘッダー画像を追加しました

ブログヘッダーのスライドショー画像を追加しました。以前からの6枚に17枚加えて計23枚になりました。下の写真はその一部のサムネイルです。

スマホのでご覧の方はPC表示にしてご覧下さい。

 

 

 

 

 

全て金沢の風景かグルメです。一目瞭然かとは思いますが、判り難いのも少し入ってますので何処だか当ててみて下さい。

23枚って半端数字なのでもう2枚追加するかもしれません。