金澤 標柱のある風景

旧島田町(しまだまち)

配達のトラックが路上駐車中。

 

 

 

 

由来説明文「藩政の初期から元禄のころまで当地に島田勘兵衛の屋敷があったが、その後邸地を返上、島田勘兵衛上地町と呼ばれ、享保の町絵図では島田町と記されている。」(金沢市HPより)

 

 

 

設置場所住所 本町2-8-11先

金澤 標柱のある風景

旧穴水町(あなみずまち)

且つては加賀八家の一つ長氏の家臣が住んでいました。

 

 

 

 

由来説明文「加賀藩老臣、長氏の上級家臣らが住み、上家中町と呼ばれたが、長氏の祖先が能登の穴水城に居たことにちなみ、明治になって、この名がつけられた。」(金沢市HPより)

 

 

 

設置場所住所 長土塀1−51

金澤 標柱のある風景

旧大隅町(おおすみちょう)

ここもゴミ集積所のお隣です。

 

 

 

 

 

由来説明文「加賀藩の老臣、長大隅守の家臣が、寛文期に能登から移り住んだところで、新(荒)屋敷、新家中と呼ばれていたが、明治になってこの名がついた。」(金沢市HPより)

 

 

設置場所住所 中橋町2−27先