→前回からの続き

 

中へ入ってみましょう。

 

体温測定があります。クリアして中へ。土禁なので靴を脱いで入ります。1階の奥の方は立ち入り禁止なので、見学出来るのは2階だけです。

 

内部も真新しい。

 

1年前の工事中の様子。まだ壁板が貼られていません。

 

2階にあったモニターに送られて来たバーコードをかざすと自分が記名した平瓦と壁板の位置と記名の内容を確認できます。

 

壁板はこの辺り。残念ながら立ち入り禁止の所なので近づけません。

 

平瓦はこの辺り。道路側です。僅かに平瓦2枚と壁板1枚だけですが私が寄付したお金が役立って出来たのだと思うと、建物全体にも愛着が湧きます。

 

 

神社側に戻り、裏門を出て道路からも眺めてみます。見た目は木造の橋ですが、しっかり鉄の芯が入っています。

 

藩政時代はこの道路はお堀でした。なので橋は必要だったのですね。