18日から復元された金沢城鼠多門の一般公開が始まりますが、私は復元事業に僅かながら寄進をしていたので昨年秋に記名会があり、平瓦と壁板に記名をしてきました。完成後は記名部分は裏側となり見えませんが、実際に自分が記名した瓦が何処に使われているかを確認するシステムのパスワードが送られて来ました。

 

19日から利用可能ですが、梅雨が明けて4連休も終わった頃に行きましょうか。しかし、22日前に行きたい思いもあり、悩ましい所です。

 

 

出来る事ならAR技術を使ってスマホを向ければ自分が記名した瓦が光るみたいなアプリを作って頂きたいものですが、IT後進国なので贅沢言ってはいけませんね。そもそも、そんなアプリの開発にコストをかけては本末転倒になってしまいます。