絶えてしまうかもしれないけれど絶品の「絶メシ」。ちょっとブームですよね。

群馬県の絶えてしまったと思ってた絶メシが復活していたと云う事が分かりました。

 

それは群馬県安中市横川にある越後屋食堂です。もつ煮と肉豆腐が有名でした。碓氷峠鉄道文化むらの直ぐ近くなので、私も2018年秋にアプトの道に行った帰りに寄ってみました。もつ煮を頂きましたがとても美味しくてまた行こうと思っていたのですが、去年の3月に火災で全焼してしまいました。その後、鉄道文化むらに行った時には越後屋の跡地の様子を見てみましたが再建の兆しは見られず、経営者がご高齢でもあり再開は難しいのだろうと思っていました。

 

しかし、先日届いた鉄道文化むらの会報誌で、鉄道文化むらの園内で越後屋食堂が再開した事を知りました。当面は土日祝のみの営業だそうですが、あのもつ煮を再び食べる事が可能になった訳です。勿論、現在の状況では行く事は出来ませんし、鉄道文化むら自体も5月中旬まで武漢ウイルス感染拡大防止の為に休園中です。

こんな事態にならなければ新緑の軽井沢やアプトの道を訪れようと思っていましたが、どうも今年は望み薄ですね。もつ煮も含めて武漢ウイルス感染収束までお預けです。

 

2019.2.14のブログ

2019.3.06のブログ

碓氷峠鉄道文化むらHP

同・越後屋食堂記事