今年は開花の前後からあまり気温が上がらず桜が長持ちしています。なのに例年の様に気軽にお花見に出掛けるのも憚られます。所用で出掛けた帰り道に少し足を延ばして河北潟などの桜を見に行って来ました。

 

才田の農業試験場裏にも行きました。車の中からの鑑賞なので人に接近する事もありません。ここならリスクは小さいでしょう。カメラは持ってなかったのでスマホで撮影。

 

 

かなり散り始めていました。アスファルトに桜の絨毯です。今週末ならまだ桜吹雪が見られるかもしれません。

 

 

農業繋がりではないのですが、たまたまネットで見かけた「日本農業新聞」の記事にドキリ。内容は、武漢ウイルスの感染拡大で食料輸出国で輸出を制限する動きが出て来たと云うもの。恐れていた事が始まった、自給率4割未満の日本はイチコロだ。と、思ってよく記事を読んでみると、そんな大袈裟な事ではなくまだ一部の国らしい。今のところ日本への影響は限定的で、日本の主な食料輸入先の米・豪・加などの国は現時点での食料輸出規制には否定的なのだそう。G20貿易相のテレビ会議で、武漢ウイルス収束までは過度の貿易制限を回避して食料を含め国際的な物品供給を保つ考えで意見が一致したそうです。取敢えずは安心。しかし、穀物の国際相場は上昇気味だそうですし、武漢ウイルス感染が長引けば事態がどう推移するかわかりません。記事の最後にも書かれてありますが政府には最悪の事態を想定して危機管理をして頂きたいものです。

記事のURLです↓

https://www.agrinews.co.jp/p50452.html