所用で富山県の黒部市まで行きます。富山県は武漢ウイルス感染者がまだ一人も確認されていない数少ない県なので安心。しかし、地元の方にしてみれば「金沢ナンバー来るなよ」と、もしかしたら思っているかも。

 

 

午前中に出発して国道8号線を行きます。高速は料金が勿体ないし、退屈なので使いません。途中、高岡市にある道の駅高岡万葉の里でお昼を頂きます。

 

去年はカラーラーメンの中から選んでいましたが、今回は同じラーメンでも新製品の「旨だし 昆布ラックラーメン」を頂いてみます。

 

「昆布ラックラーメン」→「(こん)ブラックラーメン」の意味かな?。麺は一見お蕎麦みたいですが、中華麺に昆布が練り込まれているのでしょう。具材はチャーシューにメンマ、昆布巻の蒲鉾。金沢では赤巻はべんが主流ですが富山では昆布巻きです。でも、石川県にも昆布巻の蒲鉾はお店に売ってますし、頂戴する事もあるので馴染み深いです。子供の頃、富山の薬売りさんがよくお土産に持ってきてくださいました。

 

スープは醬油ラーメンみたいですが昆布の味が濃厚で、魚介や鶏などの動物系を使ったラーメンとは全く異なります。また、関西などにある昆布出汁の麺つゆとも違います。麺は見た目は蕎麦っぽいけど食感は中華麺で、具材はラーメン。何を食べてるのか脳が混乱しそうになりました。

 

続く→