武漢ウイルスに関する報道でメガクラスターだのオーバーシュートだのロックダウンだのと聞きなれないけど恐ろしい言葉が次々出て来ます。それらの事も勿論怖いですが、その先にもしかしたら起きるかもしれない事態を心配しています。

 

今回の事で、日本はサプライチェーンやその他の多くを中国からの輸入に頼っていることが分かりました。しかし、それら工業製品や部品だけではなく、食料に関しても日本は多くを輸入に頼っています。日本の食料自給率はカロリーベースで4割に満たないのです。輸入先の国は中国は勿論、アメリカ・カナダ・オーストラリアなどなど。カナダ・オーストラリアはまだ感染はそれ程ではないですが、アメリカでは拡大しつつあります。それらの輸入先の国で感染が拡大して生産や流通が滞る事態になれば、当然自国向けを優先するでしょうし、そうなると日本への食料輸出が途絶えてしまう恐れもあります。国内の備蓄や在庫もあるので直ぐにどうこうと云う事はないでしょうが(外国産食糧用小麦の備蓄は国全体として需要の2.3ヶ月分だそう)、長引けばどうなることか・・。マスクやトイレットペーパーどころの騒ぎではないと思います。そうなる前に武漢ウイルスが収束する事を願うばかりです。