マスクの供給が全く改善されませんね。それもその筈で、通常の5〜7倍の需要があるのに自給率は僅かに20%。しかもその20%との生産に必要な不織布とゴム紐が中国依存なのだそう。これでは需給が安定するのはかなり先の事ですね。

 

マスクに限らず中国依存度高過ぎませんか。製品レベルでですがmade in koreaを避けようと思えばさほど難しい事ではありません。しかし、MADE IN CHINAを避けようとしたら生活する事が困難になります。まして、部品や原材料まで考えると略々不可能な事でしょう。

民主党政権の終わり頃に尖閣を国有化した事に端を発し中国で反日運動が激しくなりました。日本車が壊され日本企業も多くの被害を受けました。その時にチャイナリスクが問題になり、それを機に脱中国が進んでるものだとばかり思ってましたが、実際には逆に依存度が高くなっていたのですね。これは危機管理や安全保障を考えると由々しき問題ではないでしょうか。

30〜40年程前、日本の企業が中国での現地生産を始めた頃、「眠れる巨人を起こしてしまったかもしれない」と言った方がいました。当時はその言葉の意味がよく分かりませんでしたが、今となっては痛い程理解出来ますね。