昭和のニュース映像として流れる事があるオイルショックの時のトイレットペーパー買い占め騒動。全く同じ事が令和の時代にも起こりましたね。後の世で令和の時代のニュース映像として流れるのかもしれません。

 

事の顛末も昭和と同じくデマから始まってます。いくら在庫も生産も問題無いと言われても、この先どうなるか分からないから腐る物でもないしどうせ要る物なので買っとこうと思う気持ちになるのは当然。政府も信用できません。でもこうなってしまっては少し落ち着くまで控えましょう。

季節は段々と春めいてきて、本来なら気持ちも浮き浮きしてくる時期ですが、日に日に気持ちが沈んで行く毎日ですね。