金城樓さんで催された「琵琶と語りの夕べ 耳なし芳一」に行って来ました。

 

 

金城樓さんの玄関を入ると屏風に圧倒されます。

 

先月のジャズの時と同じ地下のホールが会場かなと思って来たら、今回は2階の広間が会場でした。

 

楽器やミキサーなどがセットされています。

 

流石金城樓さん、能舞台を彷彿とさせるようなステージの造りです。

 

例によって演奏中はカメラ禁止。林恒宏さんが語り、もう一人太田豊さんが琵琶などの楽器や効果音の担当でした。

 

ステージの後はお隣の部屋でお食事です。演者のお二人も共にテーブルを囲みます。

 

耳なし芳一だけに、箸置きが琵琶です。

 

これはお持ち帰り可能な膝掛です。

 

袴を模したデザインです。以前のと色が違ってますね。

 

続く→