金沢城鼠多門復元工事の寄進者が参加出来る記名会に行って来ました。

 

大手門から金沢城公園に入ると河北門の下に案内板がありました。

 

石川門にも。

 

橋爪門を入り五十間長屋が会場です。

 

通常の見学の入り口とは別の入り口です。

 

受付を済ませて会場に入ると机が並んでいます。

 

各机に平瓦の実物が置いてあります。紙に書いた原稿をスキャンしてレーザーなどで焼き付けるのかと思っていましたが、そうではなく実際に使われる瓦に直に書き込むのでした。なかなかのアナログですね。

寄進1口(5000円)に対してこの平瓦か壁板のどちらか1枚に記名をする事が出来ます。私は平瓦と壁板に2口ずつ寄進しました。一人で何枚も書いてもしょうがないのでお友達のNさんを誘って1枚ずつ記名しました。書く内容はなんでもよくて絵を書いてる方もいましたし、業者らしい方は会社名を書いていたみたいです。

 

平瓦に記名したら反対側で壁板に記名します。壁板は縦長の木板で縦長のスペース1つで2口分でした。

平瓦は外壁の海鼠壁に使われ、壁板は内部の壁に使われます。どちらも記名した側は裏側で完成後は見る事は出来ません。但し、自分が記名した瓦が何処にあるかは判る様になるらしいです。

いつか、解体か修復される事になったらもしかしたら見られるのかもしれませんが、木造建築は正しく管理された上で、火災にも自然災害にも逢わなければ数百年の耐久性があります。法隆寺などは千年以上持ってますからね。記名は用意されていた筆ペンやマジックペンで書きましたが、マジックペンの顔料が何百年も残るのでしょうか。残ったとしても、そんな未来の人には今の漢字は読めないかもしれません。それどころか日本語が使われているかどうかも判りませんし、そもそも日本が存在してるかどうかも定かではありませんけどね。

 

寄進の証明書を頂きました。

 

記念品も4口分頂きました。

 

平瓦を模したコースターです。帰り際にペットボトルの飲み物も下さいました。

 

鼠多門の工事現場で寄進者だけの見学会も開催されていました。せっかくなの行ってみましょう。

 

続く→