→前回からの続き

 

若狭フィッシャーマンズワーフから30分程走って着いたのが「梅の里会館」。特に展示物とかがある訳ではなく、梅干しなどを売ってるだけの所です。皆さんお土産に梅干しなどを買われていました。この手のバスツアーは高速のSAなどでは休憩時間が短めで、色々とお土産などを探したり美味しそうな名物を食べてみたいなぁと思っても時間が足りずに御手洗だけで終わってしまう場合が多々ありますが、ここでは施設の規模の割には休憩時間が長い様な気がします。もしかしたら沢山買い物して貰って、売り上げの何パーかがバス会社にバックしてるのかな・・と邪推してしまいました。

 

買い物休憩を終え、昼食会場に向かいます。

 

梅の里会館から10分程走った所にある小さなホテル。

 

湖畔のレストランでバイキングのランチです。

 

 

 

お腹も一杯でランチ会場を出発。

 

次は敦賀市内の「日本海さかな街」で食べ歩き。

 

食べ歩きと言っても、クーポン4枚と施設内のフロアマップを頂いて施設内を回り、指定場所でクーポンと商品を引き替えます。

クーポンと引き換えに頂けるのは試供品的な小さ目の商品です。引き換え場所は施設内に点在し、グルグルと施設内を移動しなければならない動線になっているので否応なく色々と美味しそうな商品を目にする事になり、ついつい財布のひもが緩みがち。上手く出来てますね。

 

頂いた内の一つ「蛸たまご」。蛸の中にうずらの卵が入っています。どうやって入れたのだろうと感心はしますが、蛸の中にうずら卵を入れる意味はイマイチ分かりませんでした。

さかな街を出た後は帰路に就きます。この日はお天気が悪く雨に合うのを覚悟していましたが、幸いにここまでは降られずに済みました。

因みにツアー料金は一人8900円です。