→前回からの続き

 

 

第6隧道と第7隧道の間は短い距離ですがなかなか画になる場所です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続く→