東京にも「御徒町(おかちまち)」がありますが、字が違います。元々は同じ字でしたが、藩政期の途中からこの字を使う様になった様です。

 

由来説明文が読み辛くなってますが、藩政期に藩主を警護する「歩(かち)」と云う役職の住居があったそうです。かつては「犀川竪町御歩町」もあった為、観音下御歩町と呼んだそうです。