東京にも「御徒町(おかちまち)」がありますが、字が違います。元々は同じ字でしたが、藩政期の途中からこの字を使う様になった様です。

 

由来説明文「藩政時代、藩主を警護する歩(かち)が住んでいたので、この名がついた。はじめ観音下御歩(徒)町などと呼ばれていた。」(金沢市HPより)

 

 

 

 

設置場所住所 東山1−20−3先