鉄道

どうなる?北陸新幹線(3)

JR東日本は北陸新幹線の緊急対策として「E4系を延命させ、上越新幹線用のE7系を転用する方向で検討を進める」のだそうですよ。

 

先日予想した通りになりそうですが、ちょっと鉄道に詳しい人なら誰でもそう思うでしょう。それが一番無難だと思います。上越仕様のE7系は朱鷺色のストライプが追加されててロゴも異なるそう。遠からず金沢駅に入線してくるかもしれません。

 

しかし、新潟の方には申し訳ない気もしますね。E7系やグランクラスに乗車するのを楽しみにしてた方もいるかもしれません。

 

でも、ネットではE4系Maxの延命を歓迎する声も少なくない様ですよ。私もそうです。まだ暫くはE4を見る事が出来そうです。

 

車両が揃うまでは「つるぎ」の運用を一時的に休んで「かがやき」「はくたかに」回し、金沢〜富山間はサンダーバードとしらさぎの富山までの乗り入れを再開するなんてどうでしょう。

 

683系が足りなければ「能登かがり火」の運用を休んで、その分サンダーバード・しらさぎの和倉温泉乗り入れを増やすとか・・。

 

 


鉄道

おぎのや本店で食べるべきは・・・_アプトの道2019新緑編⑳・完

→前回からの続き

 

鉄道文化むらを後に、横川駅前に移動しました。

 

おぎのや本店で遅めのランチを頂きます。

 

おぎの屋さんで頂くべきなのは考えるまでもなく峠の釜めしなのですが・・・。

 

この日は結構暑かったので冷たいお蕎麦を注文してしまいました。

 

電車の時間が近づいたので駅に戻ります。

 

 

ホームに小鳥がいます。何か咥えてますね。

 

折り返しの211系が到着。

 

 

高崎で新幹線に乗り換えです。

 

ホームに描かれたE4Maxの乗車位置もE4系が引退すると消されてしまうのでしょう。

 

考えてみれば、この時以来北陸新幹線には乗っていません。早く運行再開して欲しいものです。来月には紅葉のアプトの道に行きたいのです。

 

おぎの屋さんでは峠の釜めしを食べなかったので高崎駅で買って帰って頂きました。これちょっと違うでしょ。紙容器に入ったのも発売されたのです。こちらの方が軽いのでお持ち帰りが楽です。しかも、頂いた後の容器の片付けも楽です。

 

中身は陶器のと同じですが、今一つ違和感もありますね。

 


鉄道

どうなる?北陸新幹線(2)

北陸新幹線の金沢〜東京間直通運転再開は1〜2週間後だそうです。

 

 

信号設備が被災しているからだそう。他にも被害があれば更に時間を要するかもしれないとのことです。再開しても当面は通常の5〜6割の運行本数になるそう。水没した車両はやはり廃車の可能性が高いみたいです。

 

上越新幹線の2階建E4系が2020末までにE7系に置き換わるので、余ったE4を廃車せずに取敢えず北陸新幹線に使えばいいような気もしますが、そう簡単には行かないのです。

且つての信越本線の碓氷峠は66.7‰(パーミル)の急勾配でしたが新幹線でも30‰の勾配があり、それに対応した車両でないと走れません。E4系は軽井沢まで乗り入れた実績があって勾配に対応した編成もあるにはあるのですが、軽井沢から先は電源の周波数が50Hzから60Hzに変わるのでその先の乗り入れが出来ないのですね。周波数の切り替えに対応した編成もあるらしいですが、エマージェンシー用で長時間の60Hz区間の走行は出来ないそう。

 

だったら、上越新幹線には暫く待って貰って、上越新幹線のE7系を北陸新幹線の車両が揃うまで転用すればいいのではないかと思うのですが・・。E7は同じ仕様だそうなので・・。で、上越新幹線はE4系を延命する。そうなると、まだ何年かはE4系が見られるので嬉しい。

 

運行再開しても減便では利便性も下がるしイメージダウンになって関東方面からの観光客は減るかもしれませんね。好調な観光業や乱立気味のホテル業界には手痛いブレーキになってしまうかも・・。しかし、金沢の街の規模にはそれくらいが丁度良くて金沢らしさを維持出来るような気もします。北陸新幹線開業前の方が静かで良かったなあと最近思う時があります。