金澤街歩き

石川門+桜のベストショットポイントはここ

今週末に見頃を迎えそうな金沢市内の桜ですが、桜の背景に石川門を入れて撮るベストショットポイントをお教えします。

 

 

兼六園下交差点から広坂方向に進み・・。

 

石川橋の下を通り更に進むと・・。

 

石垣に登る階段が見えて来ます。この上は例年なら花見宴会などが行われている場所です。

 

この階段です。

 

ここの階段から石川門を撮るとこんな感じになります。階段の位置で石川門と桜のバランスが微妙に変わるので、色々試してみてください。

 

 


金澤街歩き

満開間近!

先週、開花宣言があり5日目なのでそろそろ満開かなと思って出掛けました。前日に市中感染が疑われる武漢ウイルスの感染者が確認されたそうで、心配ではありますが・・・。

 

 

お昼が近かったのでじわもんやさんでランチです。

 

今日はアジフライ。

 

暗がり坂に来ました。例年よりは人は少なそうです。

 

 

もう散り始めていますが、散り方が変ですね。

 

 

 

源法院のしだれ桜。

 

川沿いに出てみましょう。

続く→

 


金澤街歩き

黒門緑地の桜が咲き始め

白鳥路から大手堀に来ました。

 

10日後には満開の予定。

 

 

 

人面魚も元気です。

 

 

ふてぶてしいカラスがいました。

 

 

黒門緑地の桜が開き始めていました。この木は早いのです。

 

 

この木が咲いたらおそらく1週間以内にソメイヨシノも開花するでしょう。

 


金澤街歩き

真冬から春を通り越して一気に初夏?

3日程前は雪も降って真冬の寒さだったのに今日は23℃迄気温が上がり、春を通り越して初夏の陽気です。5月下旬頃の気温だそう。5月の下旬頃って何着てるんだっけ?衣替えが近いから半袖だったかな・・などと慌てつつ適当な物を着て出掛けましたが、風があったし日差しもそんなに強くはないので過ごし易い日でした。こんな穏やかな陽気だと武漢ウイルスの事も忘れてしまいそうです。

 

白鳥路を散策。

 

 

三文豪の先生方。

 

 

 

 

 

紺屋坂のぼんぼりもスタンバイ。

 

 

蕾、結構膨らんでますかね。

 


金澤街歩き

お天気が良かったので小散歩・続

→前回からの続き

 

 

本多公園から県美の方へ美術の小径を上ります。途中から分岐する歴史の小径は冬季閉鎖中。

 

 

県美の裏まで来ると見えて来ました。移築された旧金沢偕行社。

 

お隣には旧陸軍第九師団司令部庁舎も移築復元されています。この二つの建物は東京国立近代美術館工芸館が移転し国立工芸館として今年オープンの予定です。建物自体は去年の内に完成したとの事で、どんな感じになってるのか気になっていました。

 

偕行社は旧陸軍の将校クラブでした。移築前はここから直ぐ近くの能楽堂の横にありました。

 

移築前の姿です。。元々そこに建てられた建築物ですが、近年曳家をされたそうです。

 

こちらは旧陸軍第九師団司令部庁舎。元々は金沢城内にあった建物ですが、昭和45年に偕行社の横に移築されました。

 

移築復元前の状態です。現在よりも小さいですが、城内から移築される時に敷地の関係上両翼をカットされたそう。今回の移築ではその部分も復元されました。窓で左右3つ分長くなってますね。

 

どちらも綺麗になって優美な洋館と云った趣になりましたね。軍関係の施設だったとは感じられません。しかし、年月を経た建物の風合いと云うか年輪みたいなものが失われたのが残念です。