金澤街歩き

お天気が良かったので小散歩・続

→前回からの続き

 

 

本多公園から県美の方へ美術の小径を上ります。途中から分岐する歴史の小径は冬季閉鎖中。

 

 

県美の裏まで来ると見えて来ました。移築された旧金沢偕行社。

 

お隣には旧陸軍第九師団司令部庁舎も移築復元されています。この二つの建物は東京国立近代美術館工芸館が移転し国立工芸館として今年オープンの予定です。建物自体は去年の内に完成したとの事で、どんな感じになってるのか気になっていました。

 

偕行社は旧陸軍の将校クラブでした。移築前はここから直ぐ近くの能楽堂の横にありました。

 

移築前の姿です。。元々そこに建てられた建築物ですが、近年曳家をされたそうです。

 

こちらは旧陸軍第九師団司令部庁舎。元々は金沢城内にあった建物ですが、昭和45年に偕行社の横に移築されました。

 

移築復元前の状態です。現在よりも小さいですが、城内から移築される時に敷地の関係上両翼をカットされたそう。今回の移築ではその部分も復元されました。窓で左右3つ分長くなってますね。

 

どちらも綺麗になって優美な洋館と云った趣になりましたね。軍関係の施設だったとは感じられません。しかし、年月を経た建物の風合いと云うか年輪みたいなものが失われたのが残念です。

 


金澤街歩き

お天気が良かったので小散歩

お天気が良かったので午後から少しだけ出掛けてみました。気になる所もあるのです。

 

大乗寺坂からスタート。

 

 

今季はまだ積雪が無いので道が綺麗です。雪解けの後だと埃っぽくて汚いのです。

 

落葉もありませんね。

 

 

大拙館は休館日。

 

ここも一昨年の大雪の時は3月でもまだ人ひとり歩く分しか除雪されてませんでした。

 

 

 

本多公園の梅の木。一ヶ月後にはぼちぼち咲き始めるでしょうか。予報は暖冬傾向みたいですが油断は出来ません。

続く→

 


金澤街歩き

秋ももう終わりです_紅葉を求めて街歩き・完

→前回からの続き

 

東山蓮如堂から階段を使って観音坂に降ります。

 

修復中の観音院さんの屋根を反対側から見るとこんなでした。寺院の屋根瓦の修理はお金掛かるんです。

 

 

観音坂(女坂)に戻りました。

 

観音町の通り。

 

駐車場に続く路地に入ると・・。

 

大きな柚子(獅子柚子と云うらしい)が無人販売されてました。

 

 

浅野川沿いの道に出ました。

 

秋ももう終わりです。

 


金澤街歩き

紅葉を求めて街歩き・続

→前回からの続き

 

 

 

 

観音坂上の観音院さんは屋根瓦の修復中みたいです。

 

 

 

こちらは明治期に整備された観音坂女坂。同じルートで2つの坂道がある場合には勾配が急な方を男坂、緩い方を女坂と言うそう。階段の方の観音坂はこちらより勾配が急なので男坂になります。

 

観音坂女坂の途中に卯辰山山野草園の入り口があります。

 

登ります。

 

続く→