TV

ドラマがあって魔物が住んでて最後までわからない

お昼頃仕事終えて帰ってきて、TVをつけたら鈴鹿8時間耐久レースの中継を放送してました。「8耐かぁ」とついつい観てしまいましたね。20代前半の頃はよく鈴鹿サーキットへモータースポーツを観戦に行ってたのを思い出しました。8耐は勿論、春の2&4・8月の1000丗儺廖F2最終戦などなど年数回会社のお友達などと行ってましたね。特に8耐は毎年泊りがけで行って、前日の4耐から観るのです。8耐はトッププロの世界で大迫力なのですが、4耐は結構素人みたいな人も走っててそれはそれで面白かったのです。それに、当時の8耐は観客が10万人以上入っていて、もう、身動きが取れないと言ってもいい程の状態。早々に観戦する場所を確保してずっとそこで観てるしかなかったのですが、前日の4耐はせいぜい3万人程の観客でのんびりしてました。あちこち動き回って色々な場所で観戦することも容易だったのです。

観てるうちにコーナーの名称なんかも思い出して来ましたよ。S字とか逆バンクとか。あれ、ダンロップブリッジは無くなったんだとか、なんでデグナーが2ヶ所あるのとか・・。かなりコースは改修されているのですね。

 

  ※(スクリーンショットから)

今は観客席も増えているのですね。昔はちゃんとした席があるのはメインスタンドの屋根の下だけで、後は最終コーナー辺りがコンクリートのひな壇みたいになってたかな。それ以外は原っぱで草の上に座って観てましたよ。レジャーシートが必需品でした。

それにしても空席が目立ちますね。調べてみると近年は6〜7万人程度なのだとか。以前ほど人気は無いのですね。

 

  ※(スクリーンショットから)

夕方、ちょっとだけ仕事で出掛けて帰って再びTVつけると、残り30分になってました。よく、レースには数々のドラマがあるとか、サーキットには魔物が住んでるとか、チェッカーが振られるまで結果は分からないとか言いますが、このレースのラスト30分は正にそうでしたね。残り20分で西コースから雨が降り出しました。そう8耐では結構降るんです。

そして残り5分の所でそのままの順位でゴールすれば年間チャンピオンシップを取れる筈だったチームのマシンがエンジンブロー。派手に煙を出してコースにオイルをまき散らしリタイア。そのオイルでまた次のドラマが・・。

ラストラップの残り1分でトップを走ってたチームのマシンがそのオイルにのってしまって転倒。ほぼ同時にレッドフラッグが振られ、ゴール後もしばらくは順位が不明だったのです。結局2番手を走ってたチームが優勝でした。なんか凄い結末。

久し振りにモータースポーツ観戦して年甲斐も無く興奮しました。たまにはいいものです。また何か放送してたら観てみましょう。

 


TV

また一つの時代が終わった

歌手で俳優のショーケンこと萩原健一さんが亡くなられたそうです。

萩原さんと言えば「ザ・テンプターズ」のボーカルでしたが、GSブームの頃はまだ子供だったのであまり記憶や思い入れはありません。しかし、その後のドラマ「太陽にほえろ」や、「傷だらけの天使」はよく覚えています。特に「傷天」は大好きでBlu-rayで全話持っていますよ。当時、高校生くらいでしたが周りは皆観てましたね。オープニングの朝食シーンが話題になって、「コンビーフからの牛乳は気持ち悪いでしょ」的な話をよくしてました。試した人もいたみたいですね。

 

         

 

 

10年程前に、その後の「傷天」的に60歳になった木暮修を主人公にした小説「傷だらけの天使 魔都に天使のハンマーを」が発刊されました。私は、この作品が当時のキャストで映像化されないか期待してたのですが、発刊された時点で綾部貴子役の岸田今日子さんと辰巳五郎役の岸田森さんはお亡くなりになっていたのでその可能性は限りなく低かったのです。萩原さんも亡くなってもう可能性は完全にゼロですね。

 

    

 

晩年は色々とあってお騒がせタレントみたいにもなってましたが、豪快と云うか破天荒でそれが魅力でもある俳優さんだったなと思います。

 

「傷天」のロケ地で木暮修のペントハウスがあった、劇中ではエンゼルビルとされていたビルですが、実名は代々木会館で代々木駅前に現存してます。半ば廃墟みたいにはなっていますが、10年程前はペントハウスも残ってたみたいですよ。

 


TV

「金沢シャッターガール」が地上波放送されました

今年の冬に劇場公開された「金沢シャッターガール」が地上波で放送されました。御覧になった方も多いかと思いますが、石川県限定の放送です。それもそのはず、劇場公開は県内各館以外では東京の1館だけですから他県の方には殆ど知名度が無いのでしょう。それなりに良い作品だと思いますからちょっと勿体ないですね。若い方は共感する部分も多いのかなとも思います。キャンプのシーンの演出は壮絶と云うか衝撃的。でも直ぐにフォローされてほっこり安心します。

 

スクリーンで観た時には一瞬でよく判らなかったロケ地も録画で観たので、鶴来と西金駅以外は全て何処だかわかりました。ここは映画でも直ぐ判りましたが(旧)桜坂の上。

 

言うまでもなく暗がり坂。

 

中央味食街。などなど。

 

ここは映画では判りませんでしたが、和風な造りのガレージと木製電柱とレトロなポストがあるのは観音町の通りです。

少し涼しくなったら聖地巡礼してロケ地マップでも作りましょうか(笑)。