風物詩

万燈会(まんとうえ)

今年もお盆に万燈会を行いました。

 

全てLEDキャンドルなので全く危険はありません。LEDキャンドルでも炎の「ゆらぎ」が再現されています。そのままでは単なるLEDの点滅ですが、フロストカップに入れれば蝋燭の灯りが揺れているように見えます。

 

 

 

 

 

雨の予報もあって心配しました。実際撤収前に少し降りましたが大した降りではなかったので大丈夫でした。


風物詩

金沢ロマンチック体験(白糸川床③)

→前回からの続き

日が落ちて辺りが暗くなると対岸の行燈に灯りが入ります。

 

「白糸川床」の「白糸」は泉鏡花の小説「義血狭血」のヒロイン「滝の白糸」に因んだものと思われます。

 

主計町より少し上流の並木町に滝の白糸こと「水島とも」の像があります。滝の白糸は水芸の太夫なのです。「義血狭血」って任侠映画のタイトルみたいですが、全く違います。とても悲しい物語です。最初に読んだ時はよくこんな残酷なストーリーを考え付くものだなぁと思いました。よくわかりませんが、まあ、それも一つの愛の形なのかもしれません。この作品は著作権が終了したパブリックドメインなので青空文庫やkindleなどで無料で読むことが出来ます。まだお読みでない方はお時間あったら読んでみてください。

 

行燈の図柄は主計町に縁がある故クリフトン・カーフさんの版画です。

 

 

 

また撮られてます。

 

この日は前日までと異なり涼しく感じました。日没後は風が吹くと肌寒く感じる程です。

 

最後に氷見うどんが出て来ました。

 

一応時間は6時15分〜7時45分となってますが、時間を過ぎても追い出されるわけではなく、8時近くになっても結構残って飲んでる方がいます。

 

 

今日も一葉さんに行きます。先週訪れた時に予約しておきました。

 

 

しかし、この日は意外に空いていました。

 

先週は車だったのでノンアルでしたが、今日はタクシーなので呑めます。とは言え程々で帰りました。