旅行記

蘇洞門(そとも)クルーズ・続

→前回からの続き

 

若狭フィッシャーマンズワーフから30分程走って着いたのが「梅の里会館」。特に展示物とかがある訳ではなく、梅干しなどを売ってるだけの所です。皆さんお土産に梅干しなどを買われていました。この手のバスツアーは高速のSAなどでは休憩時間が短めで、色々とお土産などを探したり美味しそうな名物を食べてみたいなぁと思っても時間が足りずに御手洗だけで終わってしまう場合が多々ありますが、ここでは施設の規模の割には休憩時間が長い様な気がします。もしかしたら沢山買い物して貰って、売り上げの何パーかがバス会社にバックしてるのかな・・と邪推してしまいました。

 

買い物休憩を終え、昼食会場に向かいます。

 

梅の里会館から10分程走った所にある小さなホテル。

 

湖畔のレストランでバイキングのランチです。

 

 

 

お腹も一杯でランチ会場を出発。

 

次は敦賀市内の「日本海さかな街」で食べ歩き。

 

食べ歩きと言っても、クーポン4枚と施設内のフロアマップを頂いて施設内を回り、指定場所でクーポンと商品を引き替えます。

クーポンと引き換えに頂けるのは試供品的な小さ目の商品です。引き換え場所は施設内に点在し、グルグルと施設内を移動しなければならない動線になっているので否応なく色々と美味しそうな商品を目にする事になり、ついつい財布のひもが緩みがち。上手く出来てますね。

 

頂いた内の一つ「蛸たまご」。蛸の中にうずらの卵が入っています。どうやって入れたのだろうと感心はしますが、蛸の中にうずら卵を入れる意味はイマイチ分かりませんでした。

さかな街を出た後は帰路に就きます。この日はお天気が悪く雨に合うのを覚悟していましたが、幸いにここまでは降られずに済みました。

因みにツアー料金は一人8900円です。

 


旅行記

蘇洞門(そとも)クルーズ

北鉄の日帰りバスツアーに行ってきました。その名も「蘇洞門クルーズ」。

 

早朝金沢駅を出発・・・のハズが何故か北陸道徳光PA。ツアーの申し込みをしたお友達のNさんが、金沢駅よりこちらの方が時間的に余裕があると、徳光PAからの乗車にして、東インターからここまで走って来たのでした。

 

PAにバスがやって来て、Nさんと娘さん私と妹の4人で乗り込みます。他にも何人かの方がここから乗り込みました。

 

福井県の南条SAで休憩。

 

小浜市の若狭フィッシャーマンズワーフに到着。

 

遊覧船に乗り込みます。

 

結構、小さいですね。

 

この船、エアコンは付いてなくて、船内は略満席の為蒸し暑い。しかし、下手に窓を開けるとこの様な波しぶきがかかってしまうので大変でした。もう一隻の方は空調があるみたいでした。乗船客が少ない場合はそちらで行くみたいです。

 

クルーズの目的地は能登の巌門みたいな洞門で、波が穏やかなら遊覧船でその洞門をくぐり内側で接岸も出来るそうなのですが、この日は波が高くて不可能とのことで、船はUターンして港に戻ります。

 

50分程のクルーズを終えて帰港。

 

再びバスに乗り込み、眺望の良い若狭湾沿いの道を次の目的地に向けて進みます。

 

続く→

 


旅行記

阿伏兎観音(あぶとかんのん)_岡山・広島1泊旅行⑮

→前回からの続き

昨日泊まった岡山のホテルのフロントで、福山の観光タクシーの手配をお願いしておきました。3時間で約14000円なのでそんなに高くはないです。2人で割れば7000円ですからね。で、福山駅からはタクシーで出発。車種はシエンタなので後席が広く乗り降りも楽です。

 

最初の目的地に行く途中の眺望がいい所で止まってくれました。瀬戸内の風景が広がります。

 

 

こちらは、後で立ち寄る所です。その前に行きたい所があります。

 

岬の奥まで進んだ所にあるのが「阿伏兎観音磐台寺」。

 

 

拝観料を納めて奥に進みます。

 

 

この階段を上ります。

 

 

 

続く→