金澤 標柱のある風景

旧山田屋小路(やまだやしょうじ)

県の幸町庁舎庁舎の裏辺りにあります。

 

 

 

由来説明文「藩政時代、山田屋という魚屋が数代にわたり住んでいたところから、この名がついたという。」(金沢市HPより)

 

 

V字路にあるのでどちら側からも旧町名が見られるように両面に刻まれています。

 

 

設置場所住所  幸町12−1

 


旅行記

本山にお参り_早春の京都1泊旅行

→前回からの続き

京都伊勢丹で買い物などをした後、私にはそんな気は無いのですが同行の妹が本山にお参りしようなどと言い出すので、しょうがなくついて行きます。

 

 

街中なのに野鳥がいます。

 

この鳥は人が近づいても動きません。野鳥に詳しい友達に写真を送って尋ねたら「アオサギ」なのだそうです。

 

 

その後、本山前にある法衣店で若干注文などをしてからホテルに向かいます。

 

去年と同じホテルです。私の主目的は「東山花灯路」なので一休みしたら早めに夕食を済ませます。

 

続く→

 

 

※画像がアップロード出来ないのはやはりサーバー側の障害でした。正午頃に解消されたみたいです。

 


金澤グルメ

鮨処「あさの川」・続

→前回からの続き

 

 

桜鱒です。刻んだ山椒の葉がとてもいいアクセント。

 

ここで握りになりました。前半は鮪・烏賊・鯵・𩺊・甘海老。𩺊に降り掛けられているのは粉醤油だそう。カウンターでは一貫ずつ提供されますが、テーブルなのでまとめて提供されます。写真を撮るにはこの方が映えますが、頂くには一貫ずつの方がいいですね。

 

このお店での楽しみの一つは大きく塊に切られたガリです。同じガリでも存在感が大きくアップします。これをつまみに呑む方もいるそうです。気持ち判ります。

 

ミニ漬け丼。

 

煮鮑。

 

握り後半。実はお腹が一杯でもう入りそうにありません。折に詰めて貰えないか聞いたらOKだったので、この後に出て来る海苔巻きも一緒に折り詰めにして貰いました。

 

あら汁。

 

デザートです。

 

 

折り詰めにして貰ったお鮨は、帰宅してお腹が落ち着いてから頂きました。ネタに塗られたお醤油や煮穴子のタレなどが無かったので、どうやら同じネタを新たに握って下さったみたいです。凄い心遣いです。益々このお店が好きになりました。海苔巻きはうなきゅうでした。こはだなどは時間が経つと生臭みが出るのかなと思ったら、全くそんな事は無く、お店で頂くのと変わらない美味しさでした。

 


金澤グルメ

鮨処「あさの川」

主計町の鮨処あさの川さんへ。

 

 

 

回転寿司を中心に展開するレストランチェーンのエムアンドケイ系列店ですが、こちらは別格です。もちろん回ってません。

 

 

今日もおまかせで頂きます。予約したらカウンターが満席だそうで、個室のテーブル席で頂く事になりました。

 

穴子の稚魚「のれそれ」。平べったくて長い白魚みたいな感じです。

 

 

前菜いろいろと。

 

 

いろいろな貝の辛子酢味噌和え。

 

続く→

 


金澤グルメ

第10回金沢ホテルランチスタンプラリー_⑥金沢国際ホテル1F「クローバー」

ホテルランチスタンプラリーの6店目。今回は少し足を延ばして金沢国際ホテルのダイニングレストラン「クローバー」さんに行きました。

 

 

 

 

ブッフェレストランです。

 

 

スタンプラリーのメニューはブッフェの1品「とろとろカニ餡かけの揚げ豆腐」です。

 

カレーも頂いてお腹一杯です。

 

ま、これは別腹で。

 

あとは、ホテル日航金沢を残すのみになりました。

 


CAMERA

これ何!?

先月撮った写真を見ていてちょっと気になりました。

 

空に浮かぶ黒い点がありました。

 

丸の中です。

 

拡大してみると何か鳥のようです。ああ、鳥かぁ・・。と思ったのですが・・。

 

6秒前に撮った写真には全く写っていません。鳥ってそんなに早くとべるのかな??

 


旅行記

さすが京都のおもてなし_早春の京都1泊旅行②

→前回からの続き

 

 

最初の予定より1時間半近く遅れて京都駅に到着。

 

先ずは、京都伊勢丹の6Fにあるカフェへ。午後は行列が出来てるお店ですがまだ大丈夫、少し待って入れました。

 

「都路里」と書いて「つじり」・・辻利のお店だと今やっと気付きました。

おしぼりと一緒に運ばれてきたお茶は飲み易い温度になってます。流石京都のおもてなし、まあ、お茶屋さんなら当然かもしれませんね。以前、金沢のミシュラン二つ星の料亭で、チンチンに熱いお茶を湯呑が持てない程すれすれ一杯に入れられたのを出されてがっかりしたことがあります。あれはまるでお鮨屋さんの「あがり」ですよ。一流料亭のおもてなしとは思えませんでした。

 

白玉あんみつとお抹茶を頂きました。

 

 

 

続く→