旅行記

潮待港「鞆の浦」_岡山・広島1泊旅行⑰

→前回からの続き

 

阿伏兎観音を後にして、次の目的地に向かいます。

 

阿伏兎観音から10数分で鞆の浦に到着しました。我々の様な県外の観光客は「鞆の浦」と言いますが、地元の方やタクシーの運転手さんは「鞆」と言います。地名が「鞆」で鞆の港と云う意味で「鞆の浦」なのですね。

 

古い町並みがいい感じ。

 

この路地もいいですね〜。

 

 

ここにもレトロなポストがありました。

 

ここ鞆の浦は瀬戸内海の略中央になるので、満潮時は東西からそれぞれ流れ込む海流がこの沖でぶつかり、干潮時にはここを境にして東西に分かれて流れ出すので、かつての船は満潮に乗って鞆の浦にやって来て、干潮にのって目的地に向かっていったのだそうです。当時は潮待ちの船で港は賑わい、街はとても繁栄したのだそう。

しかし、明治に入り、動力を持った汽船が就航したり鉄道が開通したりして潮待ちの必要が無くなり、次第に街も廃れ時代の流れに取り残されてしまいました。しかし、そのお蔭で古い当時の物が色々と残っているのですね。

 

常夜灯は鞆の浦のシンボルですね。

 

観光客もあまり多くなく、変に観光地化してないのがとてもいい感じです。

 

 

続く→

 


グルメ

牛タンカツ

此花町の牛カツ「ゆらん」さんへ。

 

 

開店直後なので空いていました。店内は綺麗です。

 

夜は居酒屋になるようで、突き出しが出て来ました。

 

タレは右からポン酢・醤油・なんとかの塩?。

 

牛ヒレのサイコロカツです。

 

ヒレサイコロカツ2個と牛タンカツ1切をトレードしてシェア。タンカツは分厚いけど柔らかいです。

 

ご飯とお味噌汁を頂いて定食に。

 

串カツも注文しました。鱧と牛ヒレです。

 


イベント

金沢ジャズストリート2019_大人のためのディナー&ジャズライブ

今日も金沢ジャズストリート2019協賛イベント「大人のためのディナー&ジャズライブ」に行って来ました。会場はANAクラウンプラザホテル金沢さんです。

 

 

 

略々ディナーショーですが、料金的にはかなりリーズナブルです。松田聖子ディナーショーの一人分の料金でこのディナー&ジャズライブだったら1テーブル貸切れます。

 

 

 

但し、飲み物はワンドリンクで2杯目からは有料。

 

お料理も美味しいです。

 

 

 

 

今回も演奏中は撮影禁止。一昨年同じイベントでこちらに来た時は動画以外はOKだったのですが、厳しくなりました。

出演は、ボーカルのakikoさんを中心にピアノとウッドベースと云うアコースティックなステージでした。

 

 


金澤 標柱のある風景

旧玄蕃町(げんばまち)

天神橋の豊国町と反対側の袂近くです。

 

 

原付がお隣に停められていました。

 

由来説明文「加賀藩重臣、津田玄蕃の下屋敷があったところで、明治の初め、この名がつけられた。」(金沢市HPより)

 

 

 

設置場所住所 材木町8-18先  ※金沢市HPでは橋場町13−17先となっていますが実際の設置場所と若干位置が異なる為、実際の住所を記載しました。


イベント

金沢JAZZストリート2019前夜祭_金城樓で楽しむJAZZの夕べ

金沢JAZZストリート2019の特別イベント「金城樓で楽しむJAZZの夕べ」に行って来ました。

 

金沢でも屈指の老舗料亭金城樓さんの建物は重厚で風格がありますが、今回の会場は地下にあるホテルのホールみたいな大きな広間でした。

 

 

ちょっとしたディナーショーですね。

 

 

 

 

お料理は松華堂です。結構ボリュームはありました。

 

 

椀物もありました。

 

デザートは梨と水羊羹と加賀棒茶のジュレです。

 

食事が終わる頃演奏が始まります。演奏は溝口尚カルテットさんとバイオリニストのREIKOさんでした。残念ながら演奏中は撮影禁止で写真はありません。こっそりスマホで撮ってる人もチラホラいましたが、こっそり撮ったとしてもブログに使う訳にはいきませんからね。

演奏はボーカル無しのインストゥルメンタルですが、それもまた良いものです。休憩を挟んでたっぷり2時間のステージでした。

 


鉄道

引き続き鉄道文化むら_アプトの道2019新緑編⑲

→前回からの続き

 

体験運転のロクサンが動いています。

 

 

 

3月に火事で全焼した越後屋食堂は更地のままです。モツ煮が有名な人気店でしたが、再建は無さそうです。

 

 

 

この機関車はトロッコ列車に使われていますが、今日は運行が無い日です。

 

 

ロクサンの11号機はメンテナンス中の様です。

 

 

続く→

 


グルメ

インド・ネパール料理 アシルワード(AASHIRWAD)

 

せせらぎ通りに来ました。

 

インド・ネパール料理のアシルワードさんです。

 

 

ランチメニューはこれだけみたいですね。このメニューの他に手書きのカレーのリストに4種類書かれてました。その中から選べと云う事らしい。

 

カレー1種類のディリーセットにしました。ターメリックライスにしましたが、ナンも選べます。

 

おくらとジャガイモのカレー。日本人向けにアレンジされているのか元々こんな感じなのかは定かではありませんが、思ったほどスパイシーでもエスニックでもなく食べ易い。もし、目隠しをして食べたらコ〇〇チのカレーと言われても疑わないかも・・。

 

色々頂いてみたかったのでディナータイムに来ればよかった。機会があったらまた訪れてみたいです。