グルメ

倉式珈琲店のぜんざい

寒い時期には善哉が頂きたくなりますよね。倉式珈琲さんのメニューにも善哉があったので頂いてみました。

 

 

加賀棒茶と塩昆布が付きます。

 

焼いたお餅が入っています。

 

コーヒーも頂きましたが、こちらのはサイフォンなんですよ。サイフォンコーヒー好きの方にはいいかもしれません。

 


旅行記

中華街を散策_2019年末東京旅行⑦

→前回からの続き

ランドマークタワーからみなとみらい線で中華街へ。

 

 

お店を予約してありますがまだ時間が早いので中華街を散策します。

 

 

 

 

調理器具のお店で一人用のお鍋付き蒸籠を買いました。自宅で焼売などを蒸すのに便利です。

 

関帝廟。神社みたいな施設だそうですが、派手ですね〜。

 

媽祖廟。こちらも派手と云うか綺麗ですね。

 

 

そろそろ予約の時間なのでお店に向かいましょう。

続く→

 


金澤グルメ

つる幸の味が蘇る「金澤 せつ理」

閉店になった「懐石 つる幸」の御主人で料理長だった方が新たにオープンした「金澤 せつ理」さんに行って来ました。

 

つる幸さんはミシュラン二つ星の名店で高級店。私なんかが行けるお店ではありませんでしたが、一度だけ連れていって頂いたことがあります。

その時のブログはこちら

 

お店の場所はつる幸さんがあった場所とと同じ通り沿いにあります。大通りの方へ少し進んだ所で100mと離れていません。看板は無く、外灯に小さく「金澤 せつ理」と書かれているだけです。

 

昨年暮れにオープンしたばかりの真新しい店内はカウンターと半個室のテーブル席で計10席程。予約制でメニューはおまかせコースのみ。18時30分の一斉スタートになります。予約はかなり一杯の様で、妹が予約したのですが一ヶ月以上前から予約していたみたいです。

 

最初に蟹が出て来ました。

 

上の黒いのは茶碗蒸しに烏賊墨シャーベットをトッピングしたもの。つる幸さんでは凍らせた蟹味噌スライスをトッピングした茶碗蒸しがフレンチで云うところのスペシャリテのような看板料理で、絶品でしたが、それをアレンジした茶碗蒸しでしょうか。具材は烏賊墨の黒さで何かよく分かりませんでしたが、色々入ってました。白子が沢山ありました。チーズのような味もしましたね。

右のお皿は数の子の下に蕗。蕗にはこのわたがトッピング。このわたがかかったお料理もつる幸さんにありました。

左はマンゴーの白和え。甘い果物を使ったお料理もあったと思います。

 

椀物は真薯と能登115.お出汁のお味はつる幸さんそのまま。

 

お造りです。

 

鰤ステーキ。四角いのは鰤大根。

 

能登牛です。柔らかく煮込まれています。つる幸さんのコースにもお肉料理が入ってました。

 

〆の食事は香箱蟹の炊き込み御飯。これもつる幸さんで頂いたのそのままですね。

 

作る方が同じなので当然と言えば当然ですが、かつてのつる幸さんを彷彿とさせるお料理をカジュアルに頂く事ができました。おそらくそれが店主さんがやりたかった事なのでしょう。

 


グルメ

サラダボールのテイクアウト専門店

サラダのテークアウト専門店がオープンした事は知っていましたが、どうやらそれはチョップドサラダと聞き行ってみる事にしました。

 

 

場所は出雲町。カジマートなどの近くです。建物も新しくピカピカです。

 

注文は先ずSかMかサイズを選びます。次にレギュラートッピングを15種類の中から4種類選びます。レギュラートッピングは概ね野菜類ですね。そして好みでオプショントッピングを追加します。オプショントッピングは別料金で肉・魚介・チーズなど10種類。更に10種類の中からドレッシングを選んで注文完了。注文が終了したら番号札を貰って店内で暫し待機。お野菜は注文毎に細かくカットされてチョップドサラダになります。カットにはギロチンの刃みたいと云うか何と云うかU字型の両手で使う包丁などを使ってカットされています。完成したら番号を呼ばれ会計をします。

 

チョップドサラダはスプーンで頂くのでスプーンが付いてきましたが、頂いてみるとそれ程野菜が細かくなってなくてスプーンでは食べ難く結局お箸で頂きました。量的にはSサイズでも2〜3人分はあります。しかし、オプショントッピング次第ではSサイズでも千円前後になるので(私は海老とアボガドで税込み千円超え)サラダのお値段としては少々お高いかなとも思いました。家族でシェアするなら、まあ、そんなものかもしれません。

 

サラダの他にスープやスムージーもありました。ヘルシー志向の方はお試しあれ。

 


グルメ

今年はくまモンが来ない「大九州展」

この時期恒例、大和デパートの大九州展。昨年・一昨年はくまモンが来る日があったのですが、今年は来ないみたいですね。なのでランチの後ちゃっちゃと買い物だけして来ました。初日(16日)だった事もあり会場内は結構混んでましたよ。

 

さつま揚げの詰め合わせ。これはもうすぐ食べちゃいましたね。どれも美味しかったです。

 

銀色の包は・・。

 

一口餃子。焼いてある物と冷凍のがありました。冷凍を買って家で焼きます。

 

これは去年も買いました。焼き方は簡単です。

大九州展は1月22日までです。

 


金澤グルメ

第11回金沢ホテルランチスタンプラリーが始まりました

第11回の金沢ホテルランチスタンプラリーが15日から始まりました。

 

金沢ホテル懇話会(金澤八家)に所属する市内の7ホテル(本来8ホテルですが金沢都ホテルが休業中の為)を巡り、指定のレストランで対象メニューを食べると台紙にスタンプが貰えます。7ホテル全てのスタンプを集めると賞品が貰えます。また、抽選にも応募が出来ます。この抽選の当選率はかなり高いです。

 

毎回テーマが決められ、テーマに沿ったお料理が提供されます。第11回のテーマは「ホテルカレー&ハヤシライス×ひゃくまん穀」です。このスタンプラリーは始まった当初は各ホテル統一価格でお料理が提供されましたが、各ホテルで諸々事情があるのか現在ではホテルごとに対象メニューの料金が異なります。今回は最安1540円から最も高い3000円までの幅があります。

 

ホテルを巡る順番には制約はありません。1店目は金沢東急ホテル「マレ・ドール」さんにしました。

 

マレドールさんの対象メニューは「国産牛ほほ肉の赤ワイン煮カレー〜地元野菜を使った6種のコンディメントと共に〜」です。料金は2900円(税・サ込)と高価な方の部類に入ります。

サラダとデザートのブッフェが付くので、カレーが来るまでサラダを頂きます。

 

カレーが運ばれて来ました。ほほ肉の赤ワイン煮込みはかなり大き目です。フォークとナイフが用意されていましたが、スプーンを当てると、あまり力をいれなくても略々スプーンの自重だけで切れてしまう程柔らかでした。

 

別皿で温玉も付いています。

 

コンディメントとは薬味の事みたいです。

 

 

デザートも頂きます。色々ありましたが、ソフトクリームにキャラメルソースをかけ、珈琲ゼリーをトッピングしてみました。

 

残り6ホテルですが、期間が10週以上あるので余裕で巡れると思います。

 

《参加ホテルと指定レストラン・対象メニュー・料金等》

 

※ホテル日航金沢

   2階 バイキングレストラン「ザ・ガーデンハウス」

         赤ワインでじっくり煮込んだハヤシライス(ランチバイキングの1品)  

         平日¥2600・土日祝日¥3000

 

※ホテル金沢

   1階 レストラン「ピコ」

         有頭海老フライをのせた甘海老カレー(メイン+サイドバイキング)

         ¥1540

 

※金沢ニューグランドホテル

   12階 フレンチレストラン「ロワ」

         能登牛入り評判のカレー

         オマール海老のカダイフ包みロワオリジナルカレー

         各¥3000円(サラダ・アイスクリーム・コーヒー付)

         【注】3日前までに要予約

   M2階 カフェレストラン「トレド」

         受け継がれた伝統「評判のビーフカレー」

         ¥1600

 

※金沢東急ホテル

   2階 レストラン「マレ・ドール」

         国産牛ほほ肉の赤ワイン煮カレー〜地元野菜を使った6種のコンディメントと共に〜

         ¥2900(サラダバー・デザートコーナー付)

 

※ANAクラウンプラザホテル金沢

   1階 カスケイドダイニング

         ナマステさんコラボレーションカレー(ランチブッフェの1品)

         平日¥2500・土日祝¥2800・連休SP¥2900

 

※ANAホリデイ・イン金沢スカイ

   16階 オールデイダイニング「KENROKU」

         野菜たっぷりホテル特製カレー(ランチブッフェの1品)

         ¥2000

 

※金沢国際ホテル

   1階 ダイニングレストラン「クローバー」

         クローバーオリジナルカレー(ランチブッフェの1品)

         ¥1650

 

スタンプラリーカード(台紙)は最初のお店で貰えます。スタンプは1枚のカードに全て押印されていないといけません。2店目以降にカードを忘れて新たにカードを貰い2枚以上になる場合は全店巡っても無効になります(友達がそれで実際無効になりました)ので、お忘れにならない様にご注意下さい。